プチギフトにぜひ紅茶を!

プチギフトにぜひ紅茶を!

最適のプチギフト!

イギリスに在住して24年、日本に里帰りする時、必ず大量の紅茶を購入し、日本にいる紅茶ラバーにプチギフトとして配ります。お土産のプチギフトとしてイギリスらしくて色んな紅茶を安くで手軽に簡単に買えて、なおかつ毎回予想以上に喜ばれるので、これ以上無い最適のプチギフトです。

しかも、高い紅茶だから美味しいという訳でもなく、安くても美味しい紅茶がイギリスには一杯あります。お土産以外でも、クリスマスや誕生日など、ちょっとしたギフトにも使います。イギリスの紅茶というとフォートナム・メイスンが有名ですが、実はそう美味しい!とは感じません。お土産用の可愛いパッケージなどは一見プチギフトには最適ですが、本当の紅茶ラバーには全く喜ばれません。パッケージはカワイイけど、中身のクオリティーは低いからです。汗。

イギリスは紅茶の国だけあって、日本と比べると紅茶を飲む回数が段違いに多いです。それ故に、安価で大量に買う事ができ、なおかつとても美味しいです。

その理由の一つに多分、イギリスの硬質の水が紅茶に合っているのだと思いますが、日本の軟水で飲んでも、やはりイギリスの紅茶の方が断然美味しいと思います。それは日本にいる紅茶好きの家族、親戚、友達、知人、みんなが口を揃えて言うので間違い無いでしょう。イギリス人は紅茶の入れ方も人それぞれ強いこだわりがあり、違う入れ方で入れると「そうしたらダメ!!!」と怒られた事もありました。それほど、紅茶に対する思いが強いのです。近年はコーヒー党も増えてきたようですが・・・。

イギリスの紅茶と日本の紅茶を比較。

イギリスの紅茶と日本の紅茶の違いは、先ず、濃さです。1ティ―パックに入っている容量が倍位違います。1パックで二度濃く飲めます。多分、量だけじゃなく、茶葉自体も濃く出るものだと思いますが。ただ、匂いは日本のものの方が断然に良いです。イギリスの紅茶は日本の紅茶のように良い香りはしません。イギリスでは紅茶に香りを求めてないように思いますが、日本人は求めるのかもしれません。

あと、イギリス人は紅茶はホットでミルクを入れて飲む以外の飲み方はあまりしません。たまにミルクを入れない人はいますが、レモンティ―で飲む人というのは皆無です。そして、アイスティーを飲むという感覚もありません。年中寒いか、涼しいかもしれません。イギリスで香りが良い紅茶というと、アールグレイです。アールグレイは香りも楽しめる紅茶です。ミルクを入れて飲むのを好まない人はこちらを好む傾向があります。日本だとあまりミルクを入れてアールグレイを飲む人はいないと思います。どちらかと言うと、アイス用かもしれません。

アールグレイにはもう一種類、レイディグレイという、さらに柑橘系の紅茶があります。けれど、フレーバーティ―ではありません。アールグレイよりもまろやかで軽くリフレッシュするのに良い感じの紅茶です。日本の家族、親戚、友達の中にはレイディグレイのファンも多く、アールグレイではなく、レイディグレイを買ってきて欲しいとのリクエストも多いです。

何でも売ってる日本!

しかし、近年、日本にもイギリスで売られている紅茶の多くが、デパートなどで売られているようです。けれど、微妙に味が違うようです。有名なところではトワイニング、マイナーなものでもイギリスのヨークシャー地方の紅茶ヨークシャー・ティ―など、日本でも売ってるようです。値段はイギリスの倍位するようです。

しかし、同じパッケージの紅茶でも、イギリスから買ってくるのと味が違うのだと紅茶好きの友人は言います。日本人に合うように、ブレンドし直してるのか、はたまた、日本人にはイギリス人が飲む紅茶の濃さが合わないと判断して少なくしたのか?それは分かりません。私自身はイギリスで安く買えますから、日本でイギリスの紅茶を買う事はありませんが、反対に、日本のリプトンの紅茶が懐かしくて買って帰る事があります。日本の紅茶は前述のように、レモンティーにしても美味しいように作られていますし、若干渋みのあるイギリスの紅茶よりもほのかな甘さがあると思います。日本人なのでたまにレモンティーも飲みたくなり、その時は日本の紅茶が最適なのです。リプトンだけじゃなく、日東紅茶も買って帰り、イギリスで逆輸入で楽しんでます。

プチギフトにおススメのイギリス紅茶。

最後にイギリスに来られた時にぜひおススメしたい紅茶を。ヨークシャー・ティー、ランカシャー・ティーなどイギリスの地方紅茶、マークス&スペンサーの紅茶は全般とても美味しく、安価なス―パーマーケット・ブランドのもの、セインズベリーズやテスコの赤箱も日常飲みにはうってつけで美味しいです。過剰な包装やパッケージが無いので、本格ギフトとしては渡しにくくても、気軽なプチギフトとしては味は保証しますので、おススメです。それに、イギリスに行く人、知り合いに里帰りしてくる知人がいたら、安価ですし、小さい箱だとそう嵩張りませんし、そう重くもないので頼みやすいかと思います。

紅茶カテゴリの最新記事