紅茶の煮豚特徴とメリットとレシピ

★紅茶の煮豚について

紅茶は飲むだけでなく、実は料理にも使えてしまう万能な食材でもあります。

手に入れやすい紅茶のティーパックを使った紅茶の煮豚について理解しておくと良いです。

★豚を煮る時に紅茶を使う理由

煮豚をつくるときにあえて紅茶を入れるのには理由があります。

一つは、紅茶の効果で、さっぱりヘルシーに仕上がる事です。

紅茶にはタンニンという成分が含まれています。タンニンは、紅茶やお茶に含まれる渋みの成分です。

紅茶の茶色い色素の成分でもあり主に、殺菌や抗菌作用や活性酸素を抑えるはたらきを持っています。このタンニンをお肉と一緒に煮ることで、タンニンがお肉の表面を固めてどろっとした感じをなくしてくれて、さっぱりとした味わいに変えてくれます。

紅茶の効果で、お肉の臭みをとってくれます。

タンニンには、臭みの原因となる血液の臭いを消臭してくれる働きもあります。お肉や魚のように血液が含まれる食材を調理するとき紅茶の茶葉を使うことで、臭い消しになります。

下ごしらえとして活用するのも一つの方法です。

ほんのりと色づいて上品な味わいになる事も紅茶の効果にはあります。

お肉と紅茶を一緒に煮ると、紅茶の色素がお肉にほんのり色づきます。

紅茶の香りも少し移り、食べるときにほんのりと香る紅茶の香りが普段よく食べる煮豚よりも少し上品な味わいになり、優雅な気分で食事を楽しむことができます。

持ち寄りパーティーや特別な日に出すオードブルなどの一品として役立ちます。

紅茶を料理に使うのはとても斬新な感じがしますが、実際に料理に使ってみると簡単にできる事やさっぱりヘルシーに仕上がります。

ほんのり香る紅茶がおしゃれな気分にもさせてくれて女性にも人気が高いです。

紅茶には殺菌、抗菌作用もあるので、作った煮豚は大体冷蔵庫で一週間ほど日持ちするので、常備おかずとしても役立ちます。

ラーメン用のチャーシューとして、またお弁当のおかずとしてつくり置きしておくのもおすすめです。

豚肩ロースのブロックは、スライスされているものよりも安価なのもうれしいポイントと言えます。

豚肩ロースを見かけたら紅茶のパックを入れた煮豚をつくってみては良いと思います。

紅茶の煮豚の必要な作り方と材料について

紅茶で豚を煮る時に必要な材料としては、豚肩ロースブロックと紅茶のティーパック、水は基本になります。

豚肩ロースのブロックの大きさによってティーパックのりょおうも変わってきます。

500gに対してティーパック3つが基本になります。

タレは、しょうが、にんにく、白ねぎ、しょうゆと日本酒と砂糖、タコ糸が必要になります。

紅茶の煮豚の作り方は、豚肩ロースのブロックをタコ糸でしばって鍋に入れます。

鍋の中にお肉が少し隠れるくらいまでお水を入れます。

その中にティーパックを入れて約30分煮ます。

タレの材料を全てボウルに入れて混ぜ合わせます。

煮た豚ブロックをタレの中に漬けて、冷蔵庫で一晩寝かせます。

薄切りにしてもりつければ出来上がりです。

とても簡単に本格的な煮豚が紅茶を利用する事で作る事が出来ます。

★タレ次第で幅が広がる紅茶の煮豚

タレに漬け込んで常備菜にもおすすめに薄切りをサンドイッチにしても美味しそう煮豚は、漬けダレを使って煮玉子も出来ます。

材料は、豚ロース塊肉と紅茶ティーバッグで、漬け込みダレには、醤油100cc、酒100cc

、みりん100ccと酢50ccです。

甘酢と醤油と胡麻油でさっぱり中華煮豚は、白髪ネギが食欲をそそる煮豚です。

材料は、豚肩ブロック肉、紅茶のティーバッグ、長ネギです。

かけ漬け込みダレは、醤油と酢、砂糖と胡麻油を使用します。ごま油の相性が抜群の煮豚です。

甘辛チャーシュー風紅茶豚は、

肩ロースも推奨されています。

材料は、豚ヒレ肉ブロック300gと紅茶のティーパック2袋を使用します。

漬け込みダレは、しょうゆを大さじ6、みりんを大さじ3、酒は大さじ3、砂糖は、大さじ3です。

味のアクセントがある煮豚で辛味と甘みが特徴的です。

★紅茶の煮豚ブームについて

紅茶豚は今では、密かにブームが来ている一品です。

紅茶で豚肉のかたまりを煮る料理で、柔らかくて臭みのないさっぱりとした味が魅力的で、本格的な料理といった見た目ですが簡単に作れます。

お酒のおつまみにもぴったりな紅茶豚は男性にも女性にもおすすめです。

簡単に作り置きもできる万能レシピの紅茶豚を知らない人も多いと思います。

紅茶で豚肉を煮込むだけで、見た目にも豪華な一品が作れます。

いつもの料理に添えても良し、柔らかくておいしいのに簡単な紅茶豚は今とても人気がある料理です。

★紅茶の煮豚のまとめ

紅茶は飲むだけでなく、料理にも使えてしまう万能な食材として紅茶の煮豚は人気のレシピです。

アレンジを加える事で、味のバリエーションは豊富にあります。そのまま食べても良いですし、ラーメンやチャーハンの具におすすめの紅茶の煮豚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です