紅茶の茶こし

紅茶の茶こし

★紅茶の茶こしのティーストレーナーについて

紅茶や日本茶を入れる道具としては、ティーポットや急須を使うのが一般的です。

それでもティーバッグの普及などで、ひとり暮らしをしていると急須自体がないというお宅も多いです。

急須やティーポットがなくてもティーストレーナーがあれば、気分に合わせて高級な茶葉やお好みのフレーバーで、気軽にお茶が楽しめます。

ティーバッグと違って茶葉の量を加減できることは大きな魅力と言えます。

お好みでブレンドすることも可能なので、自身のお気に入りの調整が可能になります。

★ティーストレーナーの特徴について

ティーストレーナーとは、いわゆる茶こしのことですが、カップの上にのせるタイプやカップの中に沈めるタイプ、最近では樹脂製でかわいいキャラクターをデザインした製品もあり、バラエティに富んでいます。

女性が喜ぶような可愛らしいティーストレーナーも市販されているので、使用するとおしゃれにティータイムを彩ってくれます。

オーソドックスなタイプは、カップの上にのせる取っ手の付いたタイプです。

紅茶に広くお使いになれますが、ポットと違って茶葉の上からお湯を掛けるだけの短時間で抽出しますので、細かな茶葉を使えるようにできるだけメッシュの細かなものが良いと言えます。

茶葉の量は自由に調整できるので、何度か試して適切な量を見つける必要があります。

回転式のティーストレーナーは、受け皿部分を横にして取っ手をカップの縁に掛けて使います。

直接抽出するほかに、ティーポットを使ったときに細かな茶葉を受けるために使うこともあります。

基本的に金属製の製品がほとんどで、受け皿と一体になっているため機能的な魅力もあります。

★ティーストレーナーとティーインフューザーとの違いについて

ティーバックのように茶葉を中に入れてカップに沈めて使うのが、ティーインフューザーです。

お好みの濃さに抽出できるのがメリットになり、ティーストレーナーは繰り返し使えるので、ティーバッグよりもエコで、デザインは丸い形やハート型などのティーボールがあり、生活を楽しく彩ってくれます。

ティーストレーナーとティーインフューザーにはいくつか違いがありますが、最近ではふたつまとめてティーストレーナーと表現されることが多く、あまりシビアな線引きはないです。

茶こしとも呼ばないので、お店で購入する時などは注意が必要です。

★おすすめのティーストレーナー

シリコンティーストレーナーは、カラーリングが可愛くておしゃれなシリコン製品で、リーフティーを簡単に楽しめる特徴があります。

ティーストレーナーとして、先端にリーフを詰めて、お湯を注いだカップに浸すだけで、香り豊かな本格的リーフティーが楽しむ事が出来ます。

色合いも鮮やかで、見た目もポップに紅茶が楽しむ事が出来ます。

ティーハウスの定番でもアフタヌーンティーは、ホテルや紅茶の専門店などで出されるオーソドックスなタイプの茶こしです。

ストレーナーと受け皿が一緒になったカップのフチに引っ掛けて使うタイプで、機能的で使いやすく、利便性が高いです。

優雅なティータイムを演出してくれる王道のデザインと言えます。

計量も可能なスティック型のループティーストレーナーは、スタイリッシュなスティック型のティーストレーナーです。

スライド式のふたを開けて茶葉をすくえるので、ティースプーンを使わなくても1杯分をスムーズに計量してそのまま抽出することができます。

立てられるスタンド付きで、使用後の置き場にも困らない優れものアイテムです。

機能美あふれる深型のipowの取っ手付きは、ステンレス製で深型の、独創的なフォルムです。

突き出た取っ手があるから持ちやすく、茶葉を捨てるのも楽チンです。

微細なメッシュで細かい茶葉もキャッチしてくれるので、紅茶はもちろん、日本茶や烏龍茶など、各種リーフティーに使用できる便利さも良いポイントです。

ペンのように持てる茶こしのLANTOは、全長17cmの、スティク型ティーインフューザーです。

ティーポットや紙パック不要のエコグッズで、しかも茶葉を1杯分だけ使用できる事からティーバッグよりも経済的に利用する事が出来ます。

ご家庭やオフィスでのティータイムを、カラフルに彩ってくれます。

自宅用のほか、プレゼント用としても喜ばれる使い勝手のよいアイテムの茶こしです。

カップの中からこんにちはマナティー型ティーストレーナーは、マグから顔を出すのは、人魚伝説のモデルになったあのマナティで、手掛けたのは、ニューヨークのデザイナーズ雑貨ブランドのフレッドです。

とにかく遊び心満載で、お客様に出したら、きっと驚かれる魅力も兼ね備えています。

★まとめ

紅茶は比較的楽しめる飲み物ですが、種類も多くあり、それぞれ特徴が異なります。

名前も茶こしとは呼ばず、ティーストレーナーなどと呼ばれていて、本格的に紅茶を楽しみたい場合におすすめです。

紅茶カテゴリの最新記事