紅茶の温度のオススメと温度を保つアイテムについて

★大事な紅茶の温度について

紅茶は、しっかりと沸騰したお湯を使うのが基本といわれています。美味しい紅茶の基本であるジャンピングをするのに温度は絶対に必要なものと言われています。

紅茶を作る上での温度としては細かいですが、適温を理解しておく必要があります。

80度の温度では、溶けるスピードは 非常に遅いばかりではなく、 1時間たっても茶葉は沈まないと言えます。

味も弱くコクもなく非常に物足りない紅茶になってしまい、茶葉をぬいてから丸一日たっても紅茶とは言えなく、成分が溶けきれていない感じになります。

90度は、沸騰したお湯を使ったときとあまり変わらないですが、味もしっかりでていたし、茶葉の開き方も申し分ない程です。

一日放置した紅茶がにごったので成分はしっかりと出ています。

100度の沸騰した状態で紅茶をいれると上手く紅茶が出来ますが、ゆっくりと温度をあげていった事から、水に溶け込んでいた空気が抜けてしまいます。

茶葉が沈むまでの時間が、予定よりも はやくなります。

基本的には、紅茶をいれるのに沸騰寸前のお湯でも沸騰したてのお湯でも問題なく作ることができます。

前提としては、90度以上で、沸騰しすぎはあまり良くないです。

お湯の温度も大事ですが、お湯が沸くまでの時間も大切と言えます。

紅茶を作るのに温度を調整することは細かいことなので大変かもしれないですが、出来ることであれば温度調整はした方が良いです。

★ジャンピングを促す紅茶の温度

紅茶を美味しく飲むために必要なジャンピングは、茶葉がティーポットの中で上下に踊る動きの事を指します。

お湯の中の酸素と熱対流によって発生しますが、ジャンピングは、95度から98度のお湯が一番動きがあると言われています。

沸騰直後のお湯の中をみると、ぐらぐらと対流がみえる事がありますが、その動きで茶葉から旨味が出ると言われています。

対流にもまれる事で、茶葉から旨味が溶け出して、沸騰したお湯に入れた方が茶葉は激しく動きますが、それだと苦みのあるタンニンが多く抽出されてしまいます。

紅茶の美味しい成分を出しつつ苦みを抑える、95度から98度のお湯がジャンピングを促す丁度いい温度といえます。

★紅茶の温度を保つアイテムについて

多くの人に愛されている紅茶ですが、ゆっくり楽しみたいティータイムは、寒い冬だとせっかく淹れたポットの紅茶も冷めるのが早くなってしまいます。

そんなときに重宝するのが紅茶を温かく保ってくれるティーコージーです。

コロンとした丸みのある形と見た目がとっても可愛くキッチンに置いてあるだけでおしゃれなインテリアにもなりそうなアイテムです。ティーコージーを暮らしに取り入れて、美味しく紅茶の温度を保つと良いです。

★ティーコージーについて

ティーコージーは、ティーコゼーとも言われていて、紅茶をよく飲むイギリスで生まれたアイテムとされています。

日本では、ティーポットカバーやティーポットウォーマーと呼ばれることが多く、ティーポットの形に合わせてかぶせたり装着することで、紅茶を温かいまま保ってくれます。

実用性に加えて、丸みのあるポットのフォルムに合わせたデザインの可愛さが女性にも人気のあるアイテムです。

★ティーコージーの種類と使い方について

ティーポットにすぽっと被せてそのまま使えるティーコージーには半円の形が多く、ティーコージーの内側に詰め綿が入っているので、ポットの紅茶の温度を温かく保ってくれます。

小さめの鍋などにも被せることができるので使い勝手も良いのが魅力の一つです。

オープントップタイプは上が開くようになっていて、そこからティーポットを入れて保温します。

リボンのカラーをティーポットの色にさりげなく合わせてみても素敵な演出が出来ます。

上部を締めるので、リボンや輪がついていて貝殻のような可愛い形が魅力で人気も高いです。

取っ手と注ぎ口が出た状態になるので、ティーコージーを着けたままお茶を楽しむことが出来ることはポイントです。

多くのティーコージーの種類があり、ニット製も人気が高いです。

見るからにあったかそうなティーコージーで、毛糸で編まれたハンドメイドな感じも良いです。

ニットの柔らかい素材が、ポットの曲線に沿うようにぴたっと装着できるのでしっかり保温してくれます。

ニットならではのぷっくりしたフォルムが可愛いらしくて、飲むとき以外にはそのままインテリアとして置いてもおしゃれになります。

ティーコージーは紅茶の温度を保温してくれるアイテムとして必要不可欠です。

いつまでも暖かい紅茶が飲める事や見た目も可愛い種類が多いので、特に女性に人気が高いと言えます。

★紅茶の温度についてまとめ

紅茶を入れる時の温度は90度から沸騰するまでの温度がジャンピングも合間ってオススメと言えます。

紅茶の温度を保つとティーコージーも合わせて購入しておくと楽しく美味しいティータイムが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です