紅茶の茶葉の種類

紅茶の茶葉の種類

★紅茶の茶葉の種類について

紅茶にはたくさんの種類があります。ストレートについてはおおよそ生産された地名が名称となります。最近ではダージリンと一言でいっても茶園まで明記されることも多くなり、一段と名称が増えています。

★ストレートの紅茶の茶葉について

ダージリンは、最もポピュラーな紅茶といえばダージリンティーで、北インドで生産され、世界三大紅茶の一つとして広く知られています。特徴的な強い香りは紅茶のシャンパンと称されるほどです。

甘い香りと深みのある味わいは、多くの人に愛飲されています。

アッサムは、北インドのアッサム地方でとれる茶葉です。

ストレートでもおいしく頂けますが、濃厚な味わいを存分に味わえるミルクティーがおすすめです

一杯で奥深い芳醇な香りとコクのある力強い味を感じられます。

一押しの飲み方は、チャイロイヤルミルクティーで、たっぷりの牛乳を入れることで、さらにコクが際立つ濃厚なミルクティーがいただけます。

ニルギリは、南インドで生産されていて現地の言葉で青い山を意味しています。

柑橘系のような香りで、 すっきりとした味わいが楽しめます。

親しみやすい味わいで、女性に大人気の銘柄です。

キーマンは、中国紅茶の最高峰として、世界三大紅茶の一つに君臨しています。独特のスモーキーな香りが鼻をぬけていきます。飲み口は、マイルドな味わいでかなり上品です。

クセが多少あるため、好みが分かれる茶葉です。

ウバは、花に似た甘い香りただよう特徴があり、ダイージリン、キーマンと並び、世界三大紅茶の一つとして有名な品種です。カップに注いだ際に内側の縁に映える金色の光はゴールデンリングと呼ばれています。

濃いめに捻出してミルクティーで飲むのがおすすめです。

ディンブラは、誰からも好まれる飽きのこないフレーバーが魅力があります。

ダージリンに比べ個性や品質は劣りますが、ストレートティーでも充分楽しめる日本人好みの紅茶となっています。

ヌワラエリヤは、スリランカで標高が一番高い紅茶産地、ヌワラエリヤで、収穫時期や茶園によって、香味などが変化します。

特に上質的な茶葉は花のような香りを持ち、上品な味わいです。

ストレートティーで頂くのに適した銘柄です。

スリランカのキャンディ地方で製造された紅茶のキャンディは、他のセイロンティーとは異なり、クセが少なくマイルドな味わいが魅力的です。

スパイスを加えてアレンジティーを楽しむ通な飲み方も楽しめます。

★フレーバー

アールグレイは、アールグレイとは銘柄ではなく、ベルガモットの柑橘系を着香したフレーバーティーの名称です。ベルガモットのフレッシュな香料が特徴的で、アイスティー、ミルクティーどちらもおいしく頂けます。

ラプサンスーチョンは、世界で初めて製造された紅茶と言われています。

松葉で燻して香り付けした茶葉は好みがわかれますが、その香りに魅せられる紅茶愛飲家も多く、ミルクティーで頂けば、強い香りが和らぐので美味しく頂けます。

アップルティーは、名前通り、りんごを香料に使用したフレーバーティーです。ポットでお湯を注いだ瞬間はじける甘酸っぱいリンゴの香りが特徴で、アイスやホットどちらも美味しく頂けます。

ローズティーは、ローズの花びらをブレンドした目にも華やかなフレーバーティーです。特徴的な見た目の茶葉や風味までエレガントな一杯は、女性に大人気のため、プレゼントにもおすすめの茶葉です。

★ブレンド茶葉について

セイロンブレンドは、セイロンとはスリランカの旧国名で、セイロンティーはスリランカ産の茶葉の総称です。

産地によって気候や標高が異なるため、セイロンティーといっても様々な風味の紅茶が存在します。

イングリッシュブレックファーストは、イギリスの紅茶文化のなかでも、人気のブレンドティーです。

ブレンドはアッサム、セイロン、ケニア産の茶葉を使うことが多いですが、高級なものにはキームンが使われる場合もあります。渋めのテイストが特徴的で、ミルクティーで飲まれることが多いです。

オレンジペコとはオレンジのフレーバーティーではなく、茶の枝の突端付近の若い葉のことを指します。

主にオレンジペコという品名で販売されているものは、セイロンティーのブレンド紅茶がほとんどです。くれぐれもオレンジティーではないので理解しておく必要があります。

色味や香りのバランスが絶妙で、ストレートだけでなくレモンやミルクとの相性もばっちりです。

スイーツと一緒に頂けば、心身ともにリラックスした時間を過ごせる茶葉です。

★紅茶の茶葉のまとめに

紅茶は、多くの種類があり飲み方も工夫する事で出来る事は大きな魅力と言えます。

茶葉は産地の名前が付けられている事が多く、それぞれ味わいや香りは大きく異なります。

好みの紅茶の茶葉を見つける為に、種類多く楽しんでみる事が肝要です。

茶葉を感じながら紅茶を飲むと良いです。

紅茶カテゴリの最新記事