紅茶のブランデーの特徴と魅力について

★美味しいブランデーを使った紅茶の作り方

大人の紅茶の楽しみ方のひとつに、お酒を使った紅茶のスピリッツティーがあります。スピリッツティーには、ウイスキーティーやラムウィンナーティー、アマレットティーなどがあり、種類も豊富です。

最近人気なのが、紅茶使ったブランデーのブランデーティーで、紅茶ブランデーは、温めておいたカップに、好みの量のブランデーを入れて、紅茶を注ぐというものです。

温かい紅茶をカップに注ぐと、ブランデーの香りが広がっていくちょっと大人のティータイムを演出できる紅茶の楽しみ方が出来ます。

★ムードたっぷりな紅茶ブランデーのティー・ロワイヤル

お洒落なスピリッツティーのひとつに、紅茶ブランデーのティー・ロワイヤルがあります。火をつけてブランデーの豊かな香りと紅茶を楽しむという美味しい飲み方のひとつです。

ティー・ロワイヤルは、ムードたっぷりな夜を演出するのにぴったりな紅茶ブランデーで、作り方としては、ティー・ロワイヤルは、温めておいたカップに紅茶を注いで、ブランデーをまんべんなく染み込ませた純度の高い角砂糖を、ティースプーンの上に乗せて、マッチなどでブランデーの染み込んだ角砂糖に火を付けます。

火がおさまったら、紅茶に静かに砂糖を溶かし入れてブランデー紅茶をいただきます。

ブランデーの香りを紅茶に付けることが出来るので、火でアルコール分を飛ばす役割を持っています。

部屋を暗くすると、ブランデーの青い炎はドラマティックなムードを醸しだし、大人の雰囲気のたっぷりで、とても良い雰囲気を醸し出してくれます。

★温かい紅茶ブランデーはナイトキャップにも

寒い季節になってくると、体を芯から温めて眠りたいものですが、そんな時にも、このホットなブランデー紅茶は軽めのナイトキャップとしてもおすすめです。

紅茶の国のイギリスでは、ベッドに入る前の一杯の紅茶をナイトキャップと呼んで、紅茶の中に少しお酒を入れたり、ミントの葉を浮かべたりする習慣があります。

お酒の好きな人は、好みの紅茶にほんの少しブランデーを落として、ナイトキャップとして飲む事もおすすめです。

体の芯からほかほかと温まるのがホットな紅茶ブランデーの特徴です。

ナイトキャップとしてあわせる茶葉は、カフェインの含有量の多いダージリンやアッサムなどは、避けた方がよく、カモマイルやリンデン、レモングラスなどやライトな味わいの茶葉が、ナイトキャップ用のブランデー紅茶にはマッチします。

ストレートティーだけでなく、ミルクティーにして、ブランデーを好みの分量落とすという飲み方も美味しくアレンジ次第で無限の可能性が感じられます。

楽しみが広がるブランデー紅茶ですが、ブランデーを入れすぎると、紅茶でも、ブランデーでもなくなってしまうので注意が必要です。

ブランデー紅茶は、紅茶やブランデーを楽しむための一つの手段ですが、20歳未満の人は当然ですが飲む事は出来ないです。

お酒という認知をしておく必要があります。

★ブランデー紅茶の魅力について

ブランデーと紅茶を買うだけでブランデー紅茶は楽しむ事が出来ますが、興味はあるけど悩んでいる人も試してみる事がおすすめです。ブランデーと紅茶って本当に合うのか不安で試せない人も多いと思いますが、試してみないのはもったいないです。

合う合わないはありますが、飲んでみないとわからないことです。通常の紅茶では味わえないこの芳醇な香りやまろやかさ、味わい深さはブランデー紅茶の大きな魅力です。

飲まなければ伝わらないので、好きな方にはたまらない魅力と言えます。

★ブランデー紅茶のおすすめの入れ方

ブランデー紅茶を作る場合に最初に、ティーカップ1杯に対してティースプーン1杯分のブランデーを用意します。

ティースプーンの上に角砂糖をおいて、事前にスプーンを温めて置くと砂糖も溶けやすいです。甘いものが苦手な方は砂糖はなくても良いので、好みで選択すると良いです。

角砂糖にブランデーを染みこませたあと火を点けます。しばらく青い炎を楽しむのも良いです。

ロマンティックな雰囲気を感じられますが、アルコールを飛ばしたブランデーを、紅茶のはいったティーカップにそそぎ、混ぜあわせて完成です。

このようなブランデー紅茶をティー・ロワイヤルと呼びます。

ブランデー紅茶は、ブランデーを紅茶に混ぜた飲み物です。

そのまま入れて飲んでも構いませんが、ひと工夫するともっと美味しくいただけます。

おすすめはアールグレイで、ミルクティーにしてお酒と砂糖を少しだけ入れて飲むと、芳醇な香りが体に広がります。眠る前に飲む場合は、ダージリンやアッサムなどカフェインの強めな紅茶は避けたほうが良いです。

★紅茶のブランデーのまとめ

紅茶はそのまま飲んでも良いですが、大人の味わいのブランデーを垂らして飲むとより美味しく楽しめます。

工夫次第でドラマチックな雰囲気を感じられるので、試してみると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です