紅茶のおいしいブランドと特徴について

紅茶のおいしいブランドと特徴について

★紅茶のおいしいブランドについて

多くの人が紅茶を楽しんでいる程に人気がありますが、紅茶は香りでも味でも心を癒やしてくれる飲み物といえます。多くの人がおいしいと認める紅茶ブランドを理解しておくと良いです。おいしい紅茶のブランドを知って癒やしの時間のお供にする事がおすすめです。

仕事や家事、勉強で疲れたときなどにおいしい紅茶を飲むとほっとすると思います。美味しい紅茶を飲みながら、自分の世界にひたったり、友人と雑談したりする時間は至福のひとときです。

大切な癒しのひとときだからこそ、おいしい紅茶の味と香りにはこだわりたいものですが、紅茶は、ブランドがたくさんある事からどれを買っていいか迷ってしまうと言えます。

★英国ブランド

イギリス人にとって、午後3時のアフタヌーンティーは歴史や文化、生活習慣の一部であり、イギリス人にとって紅茶を飲むことは、日本人が緑茶を飲むようなものです。

フレーバーティーは少なめで、茶葉本来の風味や味わいを活かした紅茶が好まれます。

その中でもTwiningsは、300年以上の伝統があるブランドで、卓越したブレンド技術を持ち、ブランドの顔であるアールグレイには定評があります。 品揃えが多く、紅茶以外にもハーブティーや緑茶を扱っています。

★フランスブランド

フランス人は、イギリス人と違って、紅茶を嗜好品として飲みます。フランスの紅茶は、香りや水色にこだわったものが多く見た目も美しい特徴があります。

香りはフレーバーティーのように華やかで、水色は明るめです。

LADUREEは、1862年創業のフランスパリの老舗パティスリーで、マカロン・パリジャン発祥のお店でもあります。 触れるたびに、美しき裏切りに出逢うをコンセプトに、紅茶や洋菓子、コンフィチュールなど幅広い商品を取り扱っています。

Hediardは、1854年に、フランスのとある広場にオープンした食料品店がエディアールのはじまりです。 エディアールの紅茶は、赤い缶がポイントになっていて、見た目のインパクトも満点です。

フランスらしいフレーバーティーや、独自のブランドで世界中のファンから愛されています。

大物喜劇俳優のチャップリンにも愛されていたそうで、中でもブレックファストは、セイロンとアッサムのブレンドです。

力強さと豊潤さをあわせ持つ、コクのある味わいを楽しめるので、ミルクティーに最適です。

★アメリカブランド

アメリカは、紅茶というよりコーヒーのイメージが強いです。アメリカ独立戦争でイギリスの紅茶文化に反発してコーヒーを飲みはじめたことに由来すると言われています。ブランドの数は少ないものの、テイストやデザインで紅茶文化の新しい時代を切り開く革新性を感じさせてくれる紅茶です。

HARNEY & SONSは、ジョンハーニーが1983年にニューヨーク郊外にて創業したブランドで、世界中の紅茶園から集められた茶葉のうち、最高級のもののみを使用し、斬新でユニークな創作茶を数多く発表しています。 世界のグルメに愛されているティーブランドでもありHot Cinnamon Spiceは、人気ナンバーワンの商品です。

天然の甘みとスパイシーなアロマがお口の中に広がり、初めて飲む人は、新鮮な味わいに驚きで溢れてしまう紅茶です。甘くても、カロリーゼロなのでダイエット中の人でも楽しめる特徴があります。

★日本ブランド

1887年の明治20年のにイギリスからの輸入によって、日本に紅茶が上陸しました。

ヨーロッパ文化への憧れとともに、紅茶は日本文化に浸透していきますが、日本人の繊細な感性と、諸外国のお茶の伝統を融合させた個性的な紅茶を展開するブランドが次々と誕生しています。

その中でもLUPICIAは、フレッシュでリーズナブルな茶葉が特徴のブランドで約80種類のフレーバティーと約40種類のブレンドティーを揃えています。 幅広いテイストの紅茶を提供しているので、自分の味覚に合った紅茶を見つけることが出来ます。

かわいらしい缶は、ギフトにもおすすめで、多くの人に愛されています。

DARJEELING THE FIRST FLUSHは、ダージリンの春摘み茶だけを使用したブレンドで、若葉のようなフレッシュな香りとさわやかな渋み、それから淡い水色が特徴です。 春風のようなやさしい風味を楽しめる人気の紅茶です。

★おいしい紅茶のまとめ

紅茶は多くの種類が国によっても大きく異なりますが、それぞれの紅茶を試してみる事がおすすめです。ヨーロッパやアメリカ、日本などおいしいと感じる紅茶は人それぞれ異なりますが、自分に合った紅茶でティータイムを楽しむ事がよいです。

世界の紅茶を楽しむ場合にはインターネットなどで購入してそれぞれの違いを確認しながら楽しむと新しい発見もあると思います。

紅茶カテゴリの最新記事