紅茶の保存方法と場所や期限について

紅茶の保存方法と場所や期限について

★紅茶の保存方法について

非常にデリケートな紅茶の茶葉は保存方法にも注意が必要です。正しい保管がなされた紅茶とそうでない紅茶では、味や香りが大きく異なります。

紅茶を最後まで美味しく飲む為に必要な紅茶の保存方法を理解しておく必要があります。

きちんと保管できている紅茶とそうでない紅茶は味や香りにびっくりするほど差が出るので、せっかく買った紅茶を最後までおいしく飲むためには、しっかり覚えて、活用しておく必要があります。

紅茶は一度買開封したら、香りや風味がどんどん飛んで抜けて行ってしまいます。

なので、なるべく早く美味しいうちに飲んでしまう事がポイントです。

理想としては開封してから、2か月ほどで飲み切るよう心掛けると良いです。

未開封の紅茶でも2年以内に飲み切るようにする必要があります。

★紅茶の保存と購入する量について

紅茶を購入すると保存しておくと思いますが、一度に買う紅茶の量としては、おすすめの量は50gです。紅茶は新鮮なほうが美味しいので、新しい茶葉をこまめに買ったほうが、いつでも美味しい紅茶を味わう事が出来ます。

紅茶を大量に買う人も多いですが、紅茶はなるべく少ない量で、缶入り紅茶だと100g以上のものが多いので、なるべく缶入りの紅茶は避け、袋入りの紅茶や量り売りの紅茶を購入すると良いです。

★紅茶の保管場所について

紅茶を保存する時には、紅茶を冷蔵庫で保管するのはよくないと言えます。

新鮮に茶葉を保てるというイメージがある事から、冷蔵庫に茶葉をしまっているという話を聞きますが、冷蔵庫に茶葉を保管しておくのは実は紅茶にとって良くないことと言えます。

茶葉を冷蔵庫に入れておくと、他の食材や冷蔵庫の匂いが移ってしまうので、せっかくの紅茶の香りを楽しめなくなってしまいます。

紅茶は冷蔵庫には絶対に入れないで保存する事が肝要です。

冷凍庫に入れている方もいますが、良くない事で、冷凍庫から出すと、部屋の温度との差により容器や袋に水滴がつきます。

水滴が容器や袋の内側にもついてしまい、紅茶が湿気をおびてしまいますので、冷凍庫の保管もよくありません。

冷蔵庫や冷凍庫がダメなのは緑茶も中国茶も同じですが、とてもデリケートな紅茶と言えます。

基本的に茶葉は必ず常温保存する事が大事です。茶葉は極端に暑いところでなければ常温保存で大丈夫なので、キッチンのコンロなどの火を使う場所や、直射日光が当たる場所さえ避ければ、どこに置いても問題ないです。

★劣化の原因について

紅茶は日光と湿度と酸化と臭いに弱いものです。紅茶の茶葉は日光にあたると劣化が早いので、遮光できる容器に保管することをおすすめします。

湿度と酸化と臭い移りを避けるためには、きちんと密閉できる容器に保管することがおすすめです。遮光できて、密閉もできる缶は紅茶の保存に最適な容器と言えます。

★弱点について

紅茶を保存する上での弱点は多く存在します。温度や湿度、光や臭い、酸素が紅茶の弱点として挙げられます。これらを避けた保存方法が正しい紅茶の保存方法と言えます。

具体的には、紅茶は温度変化に弱いという性質があるので、室温での保存が基本となります。

湿気にも弱く、湿気が多い場所では傷みやすくカビが生える可能性もあるので、衛生面も考えて通気性の良い場所での保存が必須です。

紅茶は空気に触れることで酸化が進んでしまうので、風味が損なわれて、臭いもうつりやすいので密閉容器での保存と、香りが強い物の近くでの保存はだめです。

★紅茶の保存におすすめのリンアンの缶

リンアンのHPでは市販されているティーキャディー缶は1つ250円とリーズナブルな価格で、密封性がとにかく高いです。銀メッキのティースプーンを何ヶ月も中に入れておいて、変色しない程の密封性で、紅茶をリンアンの缶に入れて、何ヶ月も保存しても最初に開封した時と風味が落ちた感じはなく楽しめます。紅茶缶として、フレーバーとノンフレーバーもので使い分けをした方が良いと言えます。

★まとめ

開封した紅茶を2ヶ月で飲み切るのは、なかなか難しいかもしれませんが、美味しく紅茶を楽しむためにも、参考にして保存状態を保つ事が大事です。

風味が落ちてしまったなと思う紅茶があれば、紅茶風呂や紅茶の特性を活かして、除湿剤や消臭剤として使うという手もあります。

基本的には紅茶は、なるべく早く美味しいうちに飲んでしまう事が肝要です。上手に保管して、紅茶を楽しむ事がよいです。

デリケートな紅茶ですが、しっかりと保存状態を守る事で、美味しく飲み続ける事が出来ます。

プレゼントなどにも人気の高い紅茶を意識高く保存する事が美味しさを保つには肝要です。

インターネットなどでも紅茶の保存用のグッズが多く売っているので、好みに合わせて、チェックして試してみる事がおすすめと言えます。

紅茶カテゴリの最新記事