パック紅茶の魅力とは

紅茶を飲む習慣を持っている人は、とても優雅な気持ちになるのではないでしょうか?

朝の家事で忙しい主婦の方は、落ち着いた午後、ゆっくりと紅茶タイム。

1日忙しく目まぐるしい時間を過しているビジネスマンも、気分転換に紅茶でリフレッシュ。

人によって紅茶のたしなみ方は、様々ですが、パックタイプの紅茶が、手早く飲めて、おすすめです。

●ティーパックの手軽さ

喫茶店で紅茶をオーダーした時には、どんな形でウェイターの人が持ってきてくれるでしょうか?

陶磁器かガラスのサーバーにお湯を入れて、茶葉を浸したまま持ってくることでしょう。

しかし、自分で飲む時は、中々ここまで手の混んだ飲み方はしないでしょう。

ティーカップとパック、お湯があれば、それで十分です。

●紅茶パックをじっくりと観察

普段は何気なく利用しているティーパック。

でも、じっくりと観察してみると、よくできていることに感心してしまいます。

オーソドックスな紅茶の飲み方は、茶葉にお湯を注いで紅茶を抽出して茶こしする必要があります。

でも、ティーパックの場合、そんな必要がありません。

ただ、せっかく楽しみにして飲む紅茶なのですから、美味しい飲み方にこだわりたいところです。

●美味しいパック紅茶のたしなみ方

簡単に紅茶が飲めるパックタイプ。

シンプルにお湯を注ぐだけという印象があるのですが、やはり美味しい正しい作り方を知っておきたいものです。

とは言っても、そんなに難しい飲み方ではありません。

それは簡単に飲める方法なのですが、まずはティーカップをお湯で温めておきます。

そして、沸騰したてのお湯をあらためて入れ直します。

そこにパックを浸すだけ。

肝心なことは、適量のお湯。

理想的なお湯の量は150ml程度。

このくらいがちょうど良い量と言われています。

お湯を注いだ後にカップに蓋をすると、香りを逃さず美味しい紅茶ができあがります。

●ロイやミルクティーの作り方

人によっては、ミルクティーを好む人もいらっしゃいます。

ミルクの甘さが紅茶の味をさらに贅沢にしてくれるからです。

でも、せっかくパックでつくった紅茶に牛乳を入れるだけでは、芸がありません。

香ばしい香り紅茶の香りを残しつつ、ミルクティーを作るなら、ちょっとだけこだわりを持っておきたいところです。

まず、牛乳は100ml程、電子レンジで温めます。

ポイントは熱くするのではなくて、温めにする程度が美味しいミルクティーを作るコツです。

これとは別に沸騰したお湯をカップに注ぎ、ティーパックを入れて、1、2分蒸らしておきます。

そこに温めたミルクをカップに注ぎ、さらに1分程蒸らして、ロイヤルミルクティーのできあがりです。

難しい作り方ではありませんが、ちょっとしたタイミングの違いで味の違いが出てくるのです。

ミルクティーの本場であるイギリスでは、温めたミルクの中に紅茶を入れるのが正統派とか。

そんなこだわりもおすすめです。

また、茶葉によってミルクティーに合うかどうかも出てきます。

アッサムやオレンジペコがおすすめという人もいますが、ここは人の好みで考えることかもしれませんね。

●夏の飲み方

紅茶は暑いお湯にパックを入れて飲む楽しみ方もありますが、夏の日には、やはりアイスティーにして、飲むのが定番。

しかし、それだけではなく喉越しに刺激のある飲み方もいいかもしれません。

それが炭酸水で割った飲み方です。

パックを浸したお湯にグラニュー糖を混ぜた後に、炭酸水と郡を入れる炭酸水の紅茶割りを作ります。

冷たい紅茶の味に加えて、炭酸水が喉越しを潤してくれることでしょう。

●紅茶は飲むだけでなく、食べるメニューも

紅茶パックは、簡単に美味しい紅茶を作るだけではありません。

何とパックの紅茶エキスを抽出して、紅茶味の食事を作ることもできます。

例えばパンケーキ。

ボウルに入れたホットケーキミックスに紅茶エキスを入れて焼くのです。

これだけで、ほんのりと香ばしい紅茶味の漂うパンケーキが仕上がります。

この他にも色々な紅茶ベースの食事もあります。

●毎日、紅茶を飲む習慣

紅茶を飲むだけで、気持ちが優雅になり、心もリフレッシュしてくれます。

紅茶の成分を知ると健康に良い作用が現れる来ることが分かります。

●紅茶ポリフェノール

悪玉のコレステロールを排出する機能が高まると同時に、血糖値の上昇も抑えてくれます。

●抗酸化作用等も

そして、うれしいのは身体の酸化を防いてくれること。

現代社会は何かとストレスが溜まりやすい時代です。

紅茶は飲むことにより、酸化し安い体質を変えてくれるので、免疫力維持・向上にも、一役買ってくれているのです。

●大人の紅茶の楽しみ

紅茶パックも利用方法のバリエーションを変えるだけでかなりの飲み方が増えてきます。

しかし、お鮭の好きな男性になると、最後はブランデーを少しだけの入れて、さらにゴージャスな香りにして飲むのがいいのかもしれません。

忙がしい日々を過ごしている人であれば、ちょっとした時間に飲む紅茶が至福の時となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です