紅茶のティーポットの特徴と種類について

紅茶のティーポットの特徴と種類について

★美味しい紅茶の為にはティーポットが大事

美味しい紅茶を飲むためのポイントは、それはティーポットと言えます。

ティーポットで紅茶を入れると美味しい理由から、おすすめのティーポットとさらに紅茶を入れるコツを理解しておく必要があります。

ティーポットで普段の紅茶を格上げする事をお勧めします。

★紅茶を美味しくするティーポット

ティーポットはただのオシャレアイテムって思っている人が多いと思いますが、ティーポットで紅茶を入れると美味しくなる物理的な理由があります。

紅茶を美味しくする上で大事なのは、茶葉の旨味を引き出すことで、 茶葉がジャンピングする必要があります。

ジャンピングとはティーポットにお湯を注いだ際にお湯の空気で茶葉が浮いたり沈んだらすることで、ティーポットが丸いほど茶葉は揺れやすい事から旨味が出せます。

茶葉を循環させるためには、丸い形がオススメです。

おいしく紅茶を淹れるには、保温性のあるティーポットを使っているかが肝心です。お湯が冷めてしまうと、茶葉がうまく開かず旨味が引き出せないからです。

お湯を入れてから蒸らすまでに冷めてしまわないように、保温性の高いティーポットを選ぶと良いです。

紅茶には、最後の一滴に ゴールデンドロップと呼ばれる紅茶のエキスが凝縮された旨味があります。

このゴールデンドロップを注ぐには、湯切れのよい湯切り口を選ぶことが大切です。

最後まで美味しい紅茶を飲むためにも注意して選ぶ事が肝要です。

★ティーポットの種類で紅茶の味が変わる

ティーポットの素材に合わせて、紅茶の出来栄えが変わるのも事実で、ガラスだとジャンピングの様子が見れる良さがありますが、保温性が低いという短所がある事も理解する必要があります。

陶器はまろやかな味になり、陶器は土からできているため、土に含まれる金属で紅茶のアクが抜けると言われていて、味がまろやかになる特徴があります。

陶器は保温性にも優れているので、紅茶を淹れるならオススメです。茶葉によっては強い香りが染み付くこともあるので、注意が必要です。

色々な茶葉を楽しむなら磁器がおすすめです。

磁器は別名ボーンチャイナとも呼ばれていて、ツルツルした質感が特徴です。

素材の特徴として紅茶の香りや味が染み付きにくいので色々な種類の茶葉を楽しみたい方におすすめです。

色鮮やかな模様で彩どられている場合も多いので、その見た目も楽しめます。

慣れてから味が出るシルバーは、湯切りが良いので、保温性にも優れているスグレモノです。 ジャンピングが見えない事が少し初心者にはハードルが高く扱いにくさもありますが、慣れればその良さを体感できると言えます。

銀の光沢は食卓に光を放ちます。ミルクやシュガー入れも銀で統一すると、雰囲気も出るのが良いところです。

こだわり感を演出する事出来るので、おすすめとも言えます。

最近ではアンティークのシルバー食器をモチーフにしたステンレス製のティーポットも多く出ています。

ステンレスはシルバーよりも錆びにくく、機能的でお手頃なので使用しやすい特徴があります。

★紅茶初心者にはガラスのティーポットがおすすめ

ガラスの良さは何といっても、その透明さにあります。

ジャンピングや紅茶の色をフタを開ける前に確認できるのは初心者に ぴったりです。

保温性はあまりよくないので、早めに淹れる事が良いです。

ガラスのティーポットを使用する事で、見た目もおしゃれに仕上がります。

★紅茶のティーポットと一緒に揃えたいアイテム

箱詰めの茶葉で色々な種類を楽しむ事はおすすめで、紅茶の種類は数が多いので、最初はどれを楽しんだら良いか分からないものですが、その場合は箱詰めで頼んでみると、毎日色々な茶葉を楽しめるので、好みの味わいと香りが楽しむ事が出来ます。

ティーポットに負けないぐらいこだわりたいのが、ティーカップで、種類も様々ですが、自分の部屋の雰囲気や好みに合わせてじっくり選ぶと良いです。

ティーポットとの相性も合わせて、同じブランドで揃えるのも王道なので、見た目も鮮やかに感じられます。

茶こしで、茶葉の旨味のみがティーカップに淹れることができます。茶葉が入らないように網目ではなく、穴を空けて

お湯を淹れる形も美味しい紅茶には嬉しいポイントと言えます。

茶葉をジャンピングさせる際にお湯の温度が下がると、ジャンピングが弱くなり、旨味が出にくくなります。そこでティーコジーと呼ばれる包みでポットの保温をする事で美味しく紅茶を堪能できます。

お茶の旨味を引き出すには是非持っておきたいアイテムです。

★紅茶のティーポットのまとめ

紅茶を楽しみたいと思う場合には、多くの種類があるティーポットの利用がおすすめです。

それぞれの特徴があるので、金額や好みに合わせてティーポットを選ぶ事が肝要です。合わせて揃えたいアイテムも一緒に見ると良いです。本格的な紅茶をティーポットを利用して楽しむと良いです。

紅茶カテゴリの最新記事