子供の乾燥肌の対策はこれ!

乾燥肌の人は、かゆみを伴うのでとても辛いですね。そしてそのことは、大人だけに限った事ではありません。特に子どもだって、乾燥してしまうことが多いのです。それは、なんといっても大人よりも子供のほうが肌のバリア機能が少ないということがあります。顔よりも、体全体が乾燥することが多いです。

また子供の場合は、大人よりも外気に触れることが多いですね。外で遊ぶことにより、より肌が乾燥するのです。その結果、かきむしってしまうこともあります。そんなことになるとただの乾燥肌というだけではなく、感染してしまうことも考えられるのでとても危ない事ですね。そのため、子供位は特に乾燥肌にならないように注意をして上げることが大切です。その方法について、ご紹介します。

乾燥している部位はクリームなどを使う

子供も大人と同じように、肌が乾燥すると粉を吹いたような感じになります。そしてその部位がとてもかゆいので、かいてしまうこともあるのです。かくと、肌が傷ついてしまうので、そのことを防止して上げたいですね。

その場合は、なんといっても肌が乾燥しないように、保湿することができるクリームを使って上げましょう。その時、子供がいつでも使うことができるようなコンパクトな容器に入っているものがいいですね。すると子供が取り出してすぐに使うことができます。そんなふうに使いやすいものを選択しましょう。

またその使用感も大切です。手や体に付けるときに、べとつくものが避けてあげたいですね。べとつくと、遊ぶ時などに気になるからです。つけた後にさらっとしたものを、選択して上げましょう。

お風呂上がりは注意

大人と同じように、お風呂上がりは肌が乾燥しやすいです。そのため、保湿クリームなどをつけて上げるようにします。その時、水分を綺麗に拭き取ってから塗るようにしましょう。

洗濯洗剤は低刺激を使用する

洗濯洗剤については、刺激が少ないものを使用するようにします。それは最近は、刺激が少ないというよりも香りが強い洗濯洗剤が多いからです。香りが良いもので、刺激が少ないものだったらいいのですが、刺激が強いものは避けるようにしましょう。そして、綺麗に洗剤を洗い落とすことも大切です。洗剤が残っていると、その部分が刺激となり、かゆみを起こすことになるからです。

肌着は低刺激のものにする

肌に直接触れるものは、刺激がないものがいいですね。しかしどんな肌着も、少しは刺激を受けてしまいます。その中でもいいのは、木綿の肌着です。子供には、木綿の肌着を使うことをおすすめします。

また、乾燥している肌に締め付けるゴムなどは、刺激によりいかゆみが起きる事があります。きつい素材やゴムなどは、できるだけ避けるようにします。できるだけ体を締め付けない、ゆったりと着ることができるものとしましょう。

出血や炎症時は病院を受診

乾燥肌に対して、それを防止することができるクリームをつけると、乾燥を軽減させることができます。しかし、それをつけていても痒いということがあるのです。その時、大人の場合は我慢をすることができますが子供の場合は、知らず知らずのうちにかいてしまうことがあります。そのため、その部位がひどくなることがあるのです。

出血をする、炎症が起きている場合は、病院を受診して診断を受けましょう。

無添加商品を使用する

大人の場合も、ケア商品として無添加商品を使うことが多くなっています。それはなんといっても、刺激が弱いからです。できるだけ低刺激のものを使いたいですね。その時、子供の使うものとしても無添加の低刺激のものを使うようにしましょう。

子供は、大人よりも肌が敏感なので気を付けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です