乾燥肌を防ぐために!ローションの大切さと使い方

乾燥肌を防ぐために!ローションの大切さと使い方

■どうしてローションが必要なの?

肌の乾燥を防ぐためには、基礎化粧品を使った毎日のスキンケアが欠かせません。そして基礎化粧品の中でも特に大事なのは、ローション。なぜならローションのほとんどが、水分でできているから。

乾燥肌の原因は、肌から水分が抜けやすくなることだよ。みずみずしい果物でも、水分が抜けると干からびてしまうよね。それと同じように肌も、水分が抜けるとカサカサに乾いて、状態が悪くなってしまうの。

でもローションでたっぷりと水分を与えていれば、みずみずしさが保たれます。しかもローションには、水分を閉じ込める保湿成分も配合されています。

肌にたくさんの水分を入れることができて、なおかつそれを閉じ込めておくのだから、ローションを使った後の肌は乾燥しにくくなるよ。つややかに潤った、きれいな状態を維持できるってこと。

■いつローションを使うの?

ローションは、洗顔の後で使ってね。というのも洗顔前の肌には、垢や皮脂、汚れが付着しているからだよ。

これらで覆われている肌にローションを使っても、水分も保湿成分も、うまく浸透していかないの。浸透しなければ、当然乾燥は防がれない。これじゃ、使う意味がないよね。

もちろんメイクをした日には、クレンジングもしっかりと行うことが大事。メイク化粧品には油分が含まれているから、それを肌に残したままローションを塗っても、弾かれてしまうの。

でも、洗顔やクレンジングでクリアになった肌に使えば、水分も保湿成分もスルスルと吸収されていくよ。しかも深くまで浸透していくから、肌を奥底の部分からしっかりと潤わせてくれるの。

もちろん顔だけでなく、体に塗ることも効果的。背中やお尻は衣服で擦れて特に乾燥しやすいから、入浴後にはボディ用ローションをたっぷりと塗ってね。

■効果的なローションの使い方は?

ローションは、肌の広範囲に塗ります。といっても、手を大きく動かして一気に塗るのではなく、細かく優しく塗ることが大事だよ。

具体的には、両方の手の平に適量を取って、洗顔の時みたいに顔全体を覆うの。そして手の平を小さく回転させながら、少しずつローションを広範囲の肌になじませます。

乾燥しがちな部分には、二度塗りをするといいよ。指先にローションをつけて塗ってもいいし、コットンに浸して、気になる部分に置くこともオススメ。コットンが壁になることで水分の蒸発が防がれて、しっかりとローションが浸透していきます。

そしてその上から、美容液やクリームを塗ると、より充実したスキンケアができるよ。美容液にはローションよりも高濃度で保湿成分が配合されているし、クリームはそれを逃さない力に長けているの。がっつりと乾燥を防ぎたい人は、ぜひこれらもセットで使ってね。

■肌に合うローションを選んでね

ただし、普段から肌が乾燥しがちな人は、肌質が大きく低下している可能性があります。防御力が下がっていて、ちょっとした刺激に負けてしまうの。

この場合は、ローションを使うと肌がヒリヒリと痛んでしまうことがあります。擦り傷を洗うとしみるけど、それと同じ。

その状態で無理にローションを使うと、肌が炎症を起こして真っ赤になってしまうよ。とはいえスキンケアをしないと、乾燥を止めることは難しい。だから肌の防御力が下がっている場合は、低刺激なローションを選んで使ってね。

特にオススメなのは、オーガニック栽培された植物で作られたローションや、化学成分で作られた防腐剤や合成香料が配合されていないローション。皮膚科医が監修した、薬用ローションもオススメ。

これらは、肌に刺激を与えないよう普通のローションよりも気をつけて作られています。だから刺激に敏感になっている肌にも、安心して使える可能性が高いよ。

乾燥肌カテゴリの最新記事