乾燥肌はなんといっても保湿が大事!

乾燥する季節になると、なんとなく肌が引きつってバリバリした感じになる事があります。そしてそれは、若い時にはそんなに感じないと思うことがありませんか?それは若い肌というのは、十分に潤っているからです。

ところが、年齢ともに保湿成分が失われているのです。その時、そのままにするのはとても危険な事ですね。いくら上等の化粧品を使ったとしても、保湿が足りない場合はシワが増えてしまいます。そのため、しっかりとした保湿対策を行うようにしましょう。その保湿対策の内容についてご紹介します。

クレンジング方法

クレンジングは、肌についている汚れを落とすためにとても大切な作業です。その時汚れが残っていると、その部分に保湿クリームなどの浸透ができないので乾燥してしまうのです。そのため、クレンジングは忘れないようにしましょう。

その時、ゴシゴシこすることは禁止です。それは、なんといっても肌を傷つけてしまう恐れがあるからです。乾燥している肌は、とても傷つきやすいのです。そのことを知って、ゴシゴシしないように優しく拭き取るようにしましょう。

洗顔

洗顔もクレンジングと同じように、優しくできるものがいいですね。ゴシゴシこすらなくてもいいように、泡立てて洗顔をします。その時もさっと行うことが大事です。さっと行って、肌にストレスを与えないことが大事です。またその洗顔料は、保湿成分が含まれているものがいいですね。保湿成分が含まれていないと、たちまちそこで乾燥してしまうからです。洗顔後の乾燥が、一番気をつけたいところなので、その洗顔料の保湿力のあるものを選択するようにしましょう。

化粧水

化粧水は、保湿効果の高いものを使います。それは、年齢とともに変えることが大切です。若い時と、肌の状態が変わっているのでその状態に合わせて変えることが重要なのです。そのため、化粧水をつけていて最近肌の乾燥が目立ってきたと思った時には、見直すことが大事です。

年のことを考えたら、早い人は30代でエイジングケア商品を使っています。人により、乾燥が目立つという人は使ってもいいですね。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどが含まれている化粧水は保湿効果が高いです。

化粧水導入液

化粧水を付ける前に、導入液を使うことをおすすめします。導入液は、化粧水の馴染みをとてもよくするのです。最近、化粧水の浸透が悪くなったと思うことがありませんか?その時、導入液を使ってみましょう。導入液は、化粧水を使う前に肌になじませるように付けます。それにより、化粧水がぐんぐん肌に入ります。

パック

肌が乾燥している時には、時々うるおい成分がたっぷりと含まれているパックをしましょう。パックは、毎日行う必要はありません。時々でいいのですが、乾燥が目立つと思った時に行うと、より効果を実感することができます。

ケア商品の使い方

ケア商品を使う時に、その注意事項を読むことは当たり前の事ですね。いつ使えばいいのかなど、注意が書かれています。それを買った時に、自分の思い込みで使ったりすることがあります。その時、よく注意事項を見ると違う使い方をしている場合があるのです。そのため、最初にしっかりと読んでおくようにしましょう。

またそれらの使い方として、とても大切なことは肌になじませるということです。肌にしっとりとなじませるように丁寧に付けます。特に目の周囲やほうれい線の部分などは、意識をしてなじませるようにします。

季節により対処方法を変える

日本には、四季があります。そのため、年中同じ化粧品を使うことはできません。特に注意をしたいのは、冬ですね。冬の乾燥した空気から肌をまもることができる商品を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です