肌の乾燥による毛穴トラブルを防ぐために

■毛穴トラブルの原因

肌からは体毛が生えてきますし、汗も分泌されますが、これらはどちらも毛穴の中から出てきます。体毛は体を守るために、汗は体温調節のために必要な存在なので、これらを出す毛穴もまた、体にとっては必要不可欠と言えます。

ところが毛穴は、肌が乾燥すると大きく広がっていきます。広がればそれだけ目立つようになりますし、汚れも詰まりやすくなります。そして汚れが詰まれば、毛穴は一層広がりやすくなるのです。さらに汚れの沈着による黒ずみや、アクネ菌を巻き込んで詰まることによるニキビも生じやすくなります。

こういった毛穴トラブルを防ぐためには、肌の乾燥対策をすることが大事ですよ。

■乾燥により毛穴が広がる理由

そもそも、肌が乾燥することでなぜ毛穴が広がるのかというと、水分量が少ないためコラーゲンの働きが悪くなるからです。コラーゲンとは肌を構成するたんぱく質の一種で、この分子は細いゴム紐のように、細長く弾力があります。これが大量に集まり交差することで、ゴム紐を編んで作った布地のように、程良く伸び縮みする肌ができるのです。

ところがゴム紐は、長く日光にさらしていると、干からびたような状態になります。縮んで固まり、うまく伸びることができなくなるのです。

コラーゲンも同じで、乾燥すると弾力を失います。すると肌はたるみ、重力によって垂れ下がりますし、それに伴って毛穴は引っ張られ、広がっていくのです。

■水分の補充と保持とが大事

したがって毛穴トラブルを防ぐには、程良く水分を与えてコラーゲンの衰えを防ぐことが肝心と言えます。水分は、基礎化粧品のローションを使うことで補充できますよ。

もちろん、補充した水分が抜け出ていくと肌は再び乾燥します。そのため水分補充の際には、保湿成分も一緒に肌に与えることが大事です。つまり乾燥対策としてのローションは、保湿成分がたっぷりと配合されているものを選ぶ必要があるということです。

特にセラミドとヒアルロン酸は、保湿効果が高いことで知られています。これらが配合されたローションを使用すれば、肌の水分が蒸発しにくくなります。すると潤いが長続きし、コラーゲンの働きおよび肌の弾力も保たれやすくなるのです。

■コラーゲンを補充することも可能

また基礎化粧品には、コラーゲンを補充できるものもあります。特に保湿美容液や保湿クリームには、多くの場合はコラーゲンが配合されています。

ローションを使った後にこれらを使用すれば、ローションの水分や保湿成分が肌に吸収された時のルートをたどって、コラーゲンも吸収されます。そして程良く潤った肌の内部でコラーゲンが広がり、弾力に富んだ網目を形成するようになるのです。

するとたるんだ肌は持ち上がり、広がった毛穴は引き締まりやすくなります。毛穴が小さくなれば、以後は汚れが詰まりにくくなり、黒ずみやニキビなどが防がれやすくなります。

■毛穴を掃除してから

ただし、既に毛穴に汚れが詰まっている状態で引き締めると、汚れが閉じ込められてしまいます。これではトラブルが解消されないので、ローションを使う前にはしっかりと洗顔することが大事です。スチームを浴びせて温もりで肌を柔らかくしてから洗顔すると、よりスムーズに汚れを除去できるようになります。

そして肌がスッキリとしたら、すぐにタオルで余分な水気を取り除き、ローションを塗ってくださいね。洗顔により、肌を乾燥から守る皮脂も、汚れと一緒にある程度除去されます。放置しておくと、せっかくきれいにした毛穴が広がり、また汚れが詰まってしまいますよ。そのため洗顔後は素早くローションを塗り、化粧水やクリームで毛穴を引き締めましょうね。

こういったケアを毎日続けていると、徐々に乾燥や毛穴トラブルの悩みは解消されていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です