aroma therapyのdiffuser以外の活用法

aroma therapy(芳香療法)】

ここ数年でかなり浸透してきました。

aroma therapyは芳香療法といい、嗅覚を通じて脳に直接働きかけ心や体に響きそれが記憶に残ります。『なんだか懐かしい香りだ』と思うのは脳が記憶しているからです。

特に認知症予防として精油の効果が注目されたことで多くの方に知ってもらえたのではないかと思います。

昼には集中力を高めるローズマリーとレモン、夜にはリラックスするラベンダーとオレンジの組み合わせが広まり、精油が欠品状態になったということもありました。

ショッピングセンターやデパートに行けば専門店もよく見かけます。

ネット通販でも精油を買うことができますが、できれば専門店できちんとした品質の精油を実際に手に取り香りを嗅ぎ、自分の好きな香りの精油を購入することが望ましいと思います。

ラベンダー一つとってもメーカーや種類も様々あります。

もしかしたら苦手かも?と思った香りがその時には気に入っているということもあったり、好きなはずの香りが今日はちょっと苦手かもということもあります。

aromaの香りとはどんな香り?】

市販されている洗濯の柔軟剤や芳香剤などの香りの表現に『aromaの香り』という言葉を使用していることがあります。『aromaの香り』っていったいどんな香りなのだろう?と思ってしまうくらい、aromaは一般的な言葉となり、端的に自然の良い香りということを言いたいのだろうと思います。

実際にはaromaの香りというのは存在しないのです。精油には花、葉、草、根など様々あるのです。

aroma diffuserを取り入れてみよう】

aroma therapyを気軽に取り入れる方法としてdiffuserがあります。diffuserもまた目にすることも多くなりました。様々な種類のdiffuserが販売されていますが、合成香料を使用したものではなく、精油を用いて香りを拡散させるものが良いと思います。多くの方が無印良品で販売されているものを見たり、実際に体感されていることと思います。

diffuserは部屋全体に香りが拡散しますので、冬の乾燥した環境では風邪対策に有効な香りの精油を選んだり、集中したいとき、眠りの導入のとき、リラックスしたいときと香りの使い分けをしていくことが出来ますし、気分によって精油を変えてみるという楽しみもあります。

diffuserといっても様々なタイプのものがあります。香りを拡散させるために水を利用したものや、熱を利用したもの、揮発性を活かしたものなど様々ですので、自分の使いやすいものを選ぶのが良いと思います。aroma therapyはとても取り入れやすいのです。

水を使用するdiffuserが一般的に使いやすいのではないかと思いますが、加湿を目的として大量に水を使う加湿器とは違います。あくまで香りを拡散させるものですので、年間を通じて使用することができます。大きさもコンパクトなものもありますし、川のせせらぎや鳥の鳴き声などの音のでるものもあり、間接照明としても使用できるなど、使いやすいものもたくさん出ていますので、お好みのものを見つけて楽しんでほしいと思います。インテリアとして良いデザインのdiffuserもあります。

【トリートメント効果】

香りを嗅ぐということだけではなく、植物油を使用してのハンドトリートメント、全身のトリートメントなど、精油の成分は血液にまで取り込まれますので精油の成分に加えて、トリートメントとして人の手で触れられることによる癒しの効果が相まって、リラックス効果もさらに上がります。

【クラフトで活用する】

化粧水やクリーム、リップクリーム、ヘアミストなど身の周りのたくさんのものを精油や植物油を用いて作ることができます。

日持ちがしませんが、何が入っているのかが明確です。安心安全なもののみで作ることが出来るので化学物質によるアレルギーを避けることもできます。逆に日持ちがするものはそれだけ品質を維持するための化学物質が入っていることが分かります。商品ラベルを見てみるとカタカナ文字がたくさん並んでいます。何がどういった物質なのかなど一般人には知る由もありません。

植物は人より先に生まれているため、人に馴染みやすいと聞きます。それだけで自然のものの方が人にとって優しいものであるということが良く分かります。

aroma therapyを生活の一部に取り入れる】

diffuserが手っ取り早く使いやすいかと思いますが、マスクするときに精油を1滴垂らす。ティッシュに垂らして、下駄箱やクローゼットに置いておく。掃除機の紙パックに1滴垂らすなど、いろいろと活用することができます。ルームスプレーも作ることができますし、diffuserだけではなく、香りを身近に取り入れることは簡単にできます。

精油を取り入れることで、少し心に隙間をつけることができると思いますので、もっともっと正しい知識が認知してもらえることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です