憧れのビトンはどう持つべき?ビトンで何を買うべきかも徹底分析!

ビトンは、フランスの高級バッグブランドです。アルファベット文字から、”ルイ・ヴィトン”とも表記されます。長いあいだ、たくさんの人に愛されてきた人気のブランドですので、持っている人も多いです。でも、気をつけないとダサくなってしまうことも・・・。

今回は、このビトンについて解説していきます。

基本はカジュアルに持つべし!

ビトンは、高級バッグのブランドです。今や、洋服や靴などたくさんのファッションアイテムを作っていますが、元は旅行用のバッグなどを作っていました。旅行好きの世界中の大金持ちに愛されてきたブランドなのです。

大金持ちにとって、旅行バッグは自分で持つものではありません。なので、残念ながらビトンのバッグはお金持ちのおしゃれした洋服には合わせにくいのです。

カジュアルなスタイルの方が合わせやすいし、かっこいいのはそのためです。もし、一番人気の茶色のモノグラムを選ぶなら、カジュアルな格好が一番です。

また、モノグラムのデザインは、日本の家紋を参考にしたとも言われています。家紋とは、武士の家などに伝わる家ごとに違うマークのようなものです。紋付袴などについているアレです。なので、日本人にはなじみやすいデザインと言われています。

カジュアルな格好に、紋付のバッグ。かっこいいと思いませんか?スーツでもいいのですが、あえてのカジュアルな合わせ方は、とてもかっこいいし、特に日本人には合っているように思います。

どれを選べばいいの?たくさんある種類

一番の人気は、茶色のモノグラムでしょうが、他にもダミエやエピ、ヴェルニなどがあり、色も素材も種類があります。

一目でそうとわかるビトンが良ければ、迷わず茶色のモノグラムを選びましょう。長く愛されてきたので、誰でも知っていますし、わかりやすいのはいっそいさぎよくてかっこいいです。ビンテージ品でもアイテムを見つけやすいデザインです。

また、似たような色合いや素材で、少し違うデザインになっているのがダミエです。日本で言う市松模様になっていて、これもモノグラムの紋付と同じく、日本人にはなじみやすいデザインです。そして、持っている人も多いので、一目でビトンとわかります。

エピはモノグラムより比較的新しいのですが、歴史は浅くはなく、これもビトンとすぐにわかります。近くで見てみると、他ではあまり見ないような、ちょっと変わった加工がしてあります。どちらかと言うと、ヨーロッパっぽいデザインで、カジュアルでない方が良いならこのエピがオススメです。モノグラムより少しマニアックなアイテムを探している場合でも、このエピがかっこいいです。

ヴェルニは、要するにエナメルです。ピカピカしているので、どちらかと言えば女性向きです。かわいらしいデザインが特徴で、色もかわいいものが多いので、女性へのプレゼントならこのヴェルニがピッタリです。

また、シーズンごとに新しいデザインが出るので、それから選ぶのもいいでしょう。すごく派手だったり、アーティストのコラボで突拍子もないデザインだったりして面白いです。でも、シーズンもののアイテムは他よりもお高めになるので、予算についてはよく考えましょう!

まとめ

ビトンは、フランスの高級バッグのブランドです。高級感がありながらカジュアルなスタイルによく合うので、いつもの格好でも、ぐっとおしゃれに見せてくれます。

一番人気で有名な茶色のモノグラム以外にも、ダミエやエピやヴェルニなどの種類があり、色も素材もたくさんあって選べます。また、シーズンごとの新しいデザインも楽しいものばかりです。

お金はかかりますが、長く使えますし、何より高級感が魅力的!もし、何か高級品を買おうと思っているなら、ビトンで決まり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です