シンプルケアで乾燥と湿疹肌の劇的改善法

シンプルケアで乾燥と湿疹肌の劇的改善法

初めに、洗顔

石鹸をあわだてて、ふわふわの泡で優しく洗います。

皮膚に直接手が触れないくらいの量を、泡立てて、泡で洗う感じです。

決して、やりすぎず、ダブル洗顔もNGです。

石鹸は保湿成分が入っているので、コールドプロセス製法のものがおすすめです。

泡立て方ですが、洗顔ネットを使ってもいいのですが、一押しは、awa hour(あわわ)という、泡だて器です。

すごく、簡単に20~30秒で泡立ちますし、洗顔ネットよりも泡が細かく濃厚なものが手軽にできます。

100均でも類似品がありますが、泡の細かさ等はawa hourのほうが細かいです。

石鹸洗顔が合わない人は、乳液での洗顔がおすすめです。

乳液をたっぷり手に取り、クレンジングをするようにマッサージして、しっかり洗い流します。

石鹸で落ちる化粧品ならこれで、クレンジングにもなるので、肌に負担少なく、乾燥せず洗

えます。

洗顔前にクレンジングとして、乳液洗顔でもOKです。

次に化粧水について

まず化粧水ですが、どんなものがいいのかってすごく悩みますし

お保湿をうたった化粧品は多くあるので選びきれないですよね。

肌にあうのであれば、ドラックストアの大容量のものでもいいですし、お気に入りがある人はそれをつかってください。

何があうかわからないときは、買う前に原材料の表示をみてください。

化粧品全般にいえることですが、

すごく長~く、書かれたうえ、見てもよくわからい材料のものが多いですが、

買うならほとんど何も書いてないものを買ってください。

なぜなら、その表示が短いもののほうが保存料や香料といういらないものが少ないのです。

肌が荒れるたりひどいと、湿疹がでたりするのは、

化粧水の中に入っている成分どれかのせいかも知れないのです。

なので、成分がシンプルなもののほうがいいかと思います。

精製水にグリセリンを入れただけのものでも十分に効果はあります。

(精製水90mlにグリセリン5~10ml、グリセリン5~10%

保存料などを入れないのであれば、1~2週間で使い切ってください。冷蔵庫保管してください。)

ドラックストアやインターネットでも手作り化粧品の材料は販売されているので、コストをおさえたいときは、手作りがおすすめです。

有効成分を買って、グリセリン化粧水に足すだけでスペシャル化粧水なども作れます。

(精製水500mlで100円前後、グリセリン500mlで600円前後)

できれば、スプレーボトルを用意してください。(100均のもので構いません。)

化粧水をスプレーボトルに入れ替えたものを用意して、洗顔が終わったらすぐに化粧水を顔にスプレーしやさしくハンドプレス×3~5回。

回数は目安なので、今日は乾燥しているなと思うときは、何回やってもOKです。

何回か繰り返すと肌が柔らかく、キメが整ってくるまで化粧水を肌に入れてください。

乳液やクリームを薄めに塗る

(乳液も作れます。オイル30ml、精製水60ml、乳化ワックス5gをレンジで10秒をワックスが溶けるまで。)

ちょっと、シンプルなケア方法ですが、

乾燥は水分と油分の両方あるいはどちらかが足りないときになります。

この方法は水分をこれでもかと肌に入れるケアです。

どうしても乾燥というとクリームやオイルとかで

油分を入れようとする人が多いのですが、

水分が足りない状態で油分を入れるとさらに乾燥してしまいます。

唇の荒れで保湿用のリップを塗っても塗っても

縦ジワが消えなかったり、ひび割れたりして、改善しないのは

水分のほうが足りてないからです。

個人的には、油分より水分が足りてなくて乾燥しているひとが、多いように感じています。

最後に体の乾燥の対策

顔と同じように化粧水(水分)とクリーム(油分)でもよいのですが、

すごく効果があったのは、生の手作り酵素を30mlを飲みです。

冬にヒジやヒザ、かかとの乾燥で、悲しいことに粉を吹いたり

ストッキングがはきにくいということがあったのですが、

酵素を飲み始めてからは、なくなりました。

美容カテゴリの最新記事