乾燥肌のパックはどんな方法がいいの?

乾燥している肌の人は、化粧水や乳液を使っても肌がしっとりしないことがありますね。それは、肌がとても乾燥しているのでそれらの成分が十分に浸透しないのです。その時には、パックが必要です。パックをすることにより、肌が柔らかくなってその成分を浸透させ保湿力を持つ状態にすることができます。

毎日パックをする必要はありませんが、時々行って肌に潤いを与えましょう。そのパックのことについて、ご紹介します。

・パックはどんな種類がいいの?

パックには、いろいろな種類があります。その時、どんなパックを選んだらいいのかわからないということもありますね。乾燥肌の人は、普通肌の人とは違うのでその点でパック選びが大切になります。

その中でも、特にいいのは保湿できるクリーム状のものです。これは、保湿成分がたっぷりと含まれているので、肌の奥から保湿してしっとりとさせることができます。

シートのパックの場合は、保湿成分のヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンやはちみつなどが含まれているものにします。それらは肌の保湿効果を高める成分です。それが多く含まれているパックがいいですね。

シート式の場合は、それを使ってしっとりとなる場合とならない場合があります。そのため、自分にあった乾燥肌用のシートを選ぶようにしましょう。

・パックはいつするの?

パックをするのは、毎日行うと良いということではありません。肌本来の力を少なくしてしまう危険性があるからです。そのため、3日に一回ぐらいにします。その時、肌の浸透力が上がっている時がいいですね。

それはなんといっても、お風呂上がりに行うことなんです。お風呂上がりは、肌が柔らかくなり、とても浸透しやすい状態となっています。そして肌の汚れも取れているので、一番良い状態でパック成分をなじませることができますね。

リラックス効果のあるパックも多いので、お風呂上がりにたっぷりとリラックスしましょう。そのようにすることにより気持ちがいいし、なんといっても肌の代謝を上げることができます。

・パックはどこにつけてもいいのか

パックは、敏感な部分につけると赤くなることがあります。それは、目の周囲などです。しかし目の周囲は、一番乾燥しやすいところなので一番したい部分ですね。その部分ができないと、とても困ります。

そんな時には、目の周囲だけを行うことができるパックのあるのでそれを使うことをおすすめします。目の周囲は、敏感肌の人にとってはヒリヒリするなどの症状が出やすい部分です。

パックの説明書をよく読んで、使っていいものかどうか検討するようにしましょう。

・パックを効果的に使う

それを行うと、とても肌が良い状態になるので満足することができますね。そして更に効果的にするためには、もっと浸透しやすいように肌の状態を整えることが大切なのです。

その状態というのは、パックをする前と後に化粧水で肌を整えることなのです。パックをして成分が浸透していると思っても、その表面は乾燥しやすいのです。その結果、効果を存分に感じないこともあります。そのため、化粧水を使うようにしましょう。

またパックの後には、化粧水と保湿乳液を使うと更に状態をよくすることができます。

・体調が悪い時は避ける

パックをする時、お風呂上がりなどが効果的です。しかし、お風呂上がりは血圧の変動等もあり、ふらつくこともあります。そのため、体調が良い時にパックをするようにしましょう。体調が悪い時には、その方法も間違いがちです。それも辛いので、体調に合わせて使うようにしましょう。

パックは、乾燥肌の人には欠かすことができないケア方法です。上手に使って、乾燥肌を予防したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です