毎日のケアで肌を乾燥から守る

毎日のケアで肌を乾燥から守る

冬から春にかけては特に肌が乾燥しやすくなります。

乾燥の原因は寒さと、湿度の低さです。

屋外では寒さに肌がさらされ、屋内では電気の暖房による空気の乾燥が肌荒れの原因となってしまいます。

雪が降らない地域では、晴れても気温が低い日が続くので、外でも空気が乾燥してしまいます。

さらに現代ではパソコンやスマホなどの、電気を使う機会が増え、さらに乾燥しやすい環境になっています。

肌の乾燥を防ぐためには毎日のケアが重要です。

保湿力の高いクリームを使ったり、部屋では加湿器を利用するなどの工夫が必要です。

また、運動不足も肌が乾燥しやすい原因となってしまいます。

運動不足になると汗をかくことが少なくなってしまいます。

運動することで汗をかきやすくなり、肌の乾燥も防いでいくことができます。

また、加齢によっても肌は乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると、表面がカサカサしてきて、痒みを生じやすくなります。

肌の表面がダメージを受けて痒くなっているのに、さらに爪で掻いてしまうと、ますます肌の炎症がひどくなってしまいます。

乾燥が影響して肌の皮が薄くなってしまいます。

皮膚が乾燥して痒いときは、爪で掻いたりせずに、保湿クリームなどをつけるようにしましょう。

冬のなると保湿力の高いクリームがたくさん販売されるようになります。

自分で使いやすい、自分の肌に合った保湿クリームを選ぶようにしたいものです。

痒い肌を掻いてしまうと、皮膚がさらに薄くなり、時には出血をしてしまうこともあります。

痒さと同時に痛みを生じるようになり、治るまでに時間がかかってしまいます。

乾燥肌がひどくなる前に、早めの予防と対処が必要です。

場合によっては皮膚科を受診して、適切な治療を行うようにしましょう。

乾燥肌の予防対策としては、外出する時に肌を直接寒風にさらさないことも大切です。

マスクやメガネなどを利用するのも一つの方法です。

また、帽子や手袋、マフラーなど、顔以外の肌の乾燥も防ぐようにしたいものです。

入浴直後の肌は乾燥しやすい状態になっています。

お湯は水分の蒸発力が高いので、肌の表面の水分がすぐに失われてしまいます。

入浴後の肌の乾燥を防ぐためにも、入浴後はすぐに保湿クリームなどで肌の表面からの水分の蒸発を防ぐようにしましょう。

肌の乾燥は冬から春だけではなく、夏も起こっています。

夏は汗をたくさんかくので、肌が乾燥しにくいイメージがあります。

しかし、汗をかいても、保湿を怠ると、肌は乾燥していきます。

夏には夏の保湿対策が必要です。

夏の入浴後は、体がかなり暑くなり、せっかく汗を流した体に、すぐに汗が出てきてしまいます。

汗が引いて、体の火照りを抑えてくれるような化粧水が良いでしょう。

夏用の化粧水でも保湿効果の高いものを選ぶことで、夏の乾燥肌を防いでくれます。

季節に応じた乾燥肌対策を行うことで、年中快適な肌環境を整えていくことができます。

肌が乾燥しやすくなる原因はいろいろとあります。

不規則な生活習慣や、過剰なストレスも肌の乾燥などの肌荒れがひどくなってしまいます。

特に肌はストレスによる影響が大きいので、十分に注意が必要です。

ストレスが多くなると、体が冷えやすくなってしまいます。

運動不足や寝不足などが重なれば、ますます体は冷えていきます。

体が冷えれば新陳代謝が悪くなり、肌も潤いがなくなってきます。

それが肌荒れや肌の乾燥という症状に繋がってしまいます。

肌の乾燥を改善するためには、外的要因だけではなく、普段の生活習慣などを見直すことも必要です。

また、喫煙や過度の飲酒、偏った食生活も乾燥肌の原因となります。

乾燥肌で悩んでいる場合は、まずは生活の基本である、睡眠、食事、そして運動を見直してみると良いでしょう。

自分で改善が難しい場合は、専門家の力を借りることも時には必要です。

乾燥肌カテゴリの最新記事