小顔になれるチーク!

顔の小さい人って、スタイルが良く見えるし憧れちゃいますよね。

エステや美容器具等で努力をしても、小顔をゲットするのは、実際とても難しいです。

そこで、今日は皆さんに、私が研究の末にたどり着いた(⁉︎)

超簡単小顔メイクをお教えしたいと思います。

ベースメークを変えるだけ!?

はい、それだけです笑

ベースメイクを丁寧に作っていくことで、小顔にもなるし肌もきれいに見える一石二鳥メイクなんです!

今流行りのコントゥーアメイクっぽい感じですが、専門的な道具や化粧品は一切必要ありません。

それではみていきましょう。

最重要!ファンデーションの色選び

このファンデーションの色選びが最重要項目です。

本気で選びましょう笑

ファンデーションの種類ですが、

クリーム系ファンデーションを1種類(リキッドも可)、

パウダー系ファンデーションを1種類、

合わせて2種類揃えましょう。

パウダー系ファンデーションは持ち歩きしやすいので、お化粧直し用にも使えますよね。

そして本題、色選びですが

クリーム系は首と同じ色か少し暗め、パウダー系は明るめのものを選んで下さい。

明るさの目安としては、光の下に出た時の鼻筋やおでこの色くらいの明るさです

クリーム系の色は絶対に明るめは選ばないで下さい。

自分の肌ドンピシャの色があればベストですが、無ければ暗めというのがお約束です。

2色のファンデーションを使っていく感じなので、

スポンジなどファンデーションをつける道具はファンデーション毎に分けて下さい。

クリームファンデーションで土台作り。かーらーのっ!?

保湿や下地はご自身のやり方で構いませんので、ファンデーションの前の段階まで済ませておいて下さい。

いつも下地とか何もしてないよって人は、なんでも良いのでして下さいね笑

(私はクリニークの日焼け止めを下地として使っています。)

いよいよファンデーションをつけていきます。

まずはクリームファンデーションをつけていきましょう。

顎先(心持ち多め)、こめかみ左右に3点おいて下さい。

顎先は頰全体、こめかみはおでこ側に伸ばしていきます。

顎先に置いたファンデーションは、まずこめかみに向かって線を描く感じで、そのまま顔の輪郭に沿って左右に伸ばして下さい。

習字の「払い」のように、こめかみに向かってだんだん薄くなっていくのが理想的です。

そうしたら、今描いた線を頰の内側になじませてください。

あくまでも、顔の外側>内側の濃淡になるように、全体的に薄めにつけていきましょう

正し、小鼻まわりなどの毛穴が気になる方は、その部分だけしっかり埋めてください。

個人的にはまぶたにクリームファンデーションをつけるとアイメイクがよれやすいので、目の上はつけないほうがいいと思っています。

お好みで加減してください。

次にこめかみに置いたファンデーションも伸ばしていきましょう。

左右ともおでこの輪郭に沿って、先程と同じように線を描く感じで伸ばしてください。

おでこの中心、鼻筋の延長線が1番薄くなるのが理想的です。

そうしたら、その線をおでこの内側になじませてください。

私はここまでは指でつけています。

そして、全体をつけ終わった後、使い捨てのスポンジで、顔の内側から余分なファンデーションを落とす感じで押さえていきます。

スタンプするようにポンポンと軽く押さえないと、よれの原因になりますよ(汗

仕込ませチーク&ハイライト

私はこの段階でチークとハイライトを一旦仕込みます。

チークは濃くしすぎないのが小顔メイクのポイントです。

逆に、ハイライトはしっかりのせちゃって大丈夫です。

チークは粉でもクリームでもお好みで構いません。

頬骨に沿って入れてきましょう。

この後ハイライトを入れていくことを考えて、心持ち下側に入れることをおすすめします。

次にハイライトをのせていきます。

下まぶたから、先程入れたチークの少し上まで広めの逆三角形にのせていきましょう。

私はまゆ骨が高いので、眉上にも少し、あとは目の周りのCゾーンにもしっかり仕込みます。

お好みで試してみて下さい。

最終兵器、パウダーファンデーショーン!!

いよいよパウダーファンデーションをつけていきます。

今の段階だと、少し暗めのクリームファンデーションが顔全体に付いていて、

その上にハイライトがのっているのでちぐはぐな色使いになっているかと思います。

それをパウダーファンデーションでなじませていきます。

スポンジまたはパフでつけることをお勧めします。

このときのポイントが、顔の外側にパウダーファンデーションをつけないようにする事です。

最初にクリームファンデーションを伸ばした時に描いた線を思い出し、その上には絶対につけないようにしましょう。

それがこの小顔メイクのポイントです。

暗い色のクリームファンデーションが顔の影となり、

また明るめのパウダーファンデーションが、ハイライト効果を増長させるので自然と立体感が出ます。

まずは、眉下の目のくぼみから頬骨に向けて伸ばしていきます。

先程仕込んだハイライトを馴染ませるイメージでいきましょう。

パウダーファンデーションは、割としっかりつけちゃって構いません。

おでこにも眉の間を中心として、同じようにつけていきましょう。

顔の中心にパウダーファンデーションをつけ終わったら、最後に全体をなじませましょう。

スポンジ、パフどちらでも構いませんが、なるべくきれいな面で、境目をぼやかしていきましょう。

スポンジならポンポンっと、パフならくるくるっと軽く小さい円を描くようにすると、よれないと思います。

すぐには難しいと思いますが、慣れると超簡単です。

クリームファンデーションで整えた上に、パウダーファンデーションをしっかり載せるので、肌もとっても綺麗に見えます。

私の愛用アイテム&小技集

この小顔メイクにたどり着くまで色んなファンデーションを試しました。

参考になるかもしれないので、その話を少し書きたいと思います。

私は下地、2種類のファンデーションはすべてクリニークのものを使ってます。

個人的には、ここで他社のものを混ぜると時間が経った時に酸化しやすかったり、崩れやすかったりする気がします。

なので、同じような悩みをお持ちの方はいちどベースメイクを同じブランドで揃えてみるといいかもしれません。

パウダーファンデーションで乾燥しやすい方は、下地の前にいちど化粧水を塗り直すか、化粧直しの際に化粧水を少しスポンジに含ませて上から押さえると乾燥しにくくなると思います。

また逆に、夕方のベタつきが気になる方は、試供品サイズの乳液を持ち歩くと便利です。

ベタついてよれたところを乳液で軽くオフし、持ち歩いているファンデーションをつけなおすと、割ときれいに仕上がると思います。

後は、全体の化粧が終わってから、ルースパウダーで顔の輪郭、特におでこの生え際を抑えるといいです。

ファンデーションがよれる原因の1つに、頭皮から伝う汗や油分があるので、それを抑えてくれます。

あと最後に、使い捨てスポンジについてのマル秘テクニックです笑

使い捨てスポンジって便利ですが、なんだか1回で捨てるのはもったいない気がしませんか?

私は切って使ってます笑

無印の使い捨てスポンジを3当分にしています。

そうすると、全面使えて満足感もあるし、ちょうど良い感じになります笑

参考にしてみて下さい!

 

普段のアイテムでできる、超小顔立体メイクいかがでしたか?

アイメイクやアイブローはトレンドに左右されがちですが、

ベースメイクは質感以外はそれほど大きく変化しないので応用しやすいテクニックだと思います。

皆さんもマスターして憧れの小顔を手に入れてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です