お勧めの糖質制限ダイエットをご紹介します!

肥満の原因とは

肥満が生じる原因はいくつかありますが、大きく分けると2つに分類されます。1つは食べ過ぎによるオーバーカロリー、そしてもう1つは糖質の過剰摂取です。そして意外なことかもしれませんが、多くの人に生じている肥満の原因は後者です。

日本人の場合、1日の糖質摂取量は260g程度が望ましいとされています。一概には言えませんが、これをオーバーすると糖質の過剰摂取となり、肥満が生じてしまうのです。では肥満が生じるメカニズムについてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

糖質が脂肪になる流れ

糖質を摂取するとそれが消化され、体内に吸収されます。その後糖質は血液に入り込み、血糖値を上昇させます。急激に血糖値が上昇すると体はインシュリンというホルモンを分泌させます。そしてこのインシュリンには糖質を脂肪に変換する働きがあるために、血液中の糖質が脂肪となって体の隅々にまで運ばれてしまうのです。このような流れで肥満は生じます。

そのため糖質の摂取量を減らすことで新たな脂肪が蓄積されるのを防ぎ、尚且つ体についている脂肪を燃焼させることができるのです。

糖質制限ダイエットとは?

上記でも述べたように、多くの場合糖質の摂取量を減らすことで肥満は解消できます。そしてこのダイエットを行う場合、一般的には1日の糖質摂取量を60gから80g程度にまで減らします。しかしいきなり糖質摂取量をここまで落とすと食生活に大きな変化が生じるために、抵抗を感じる人もいます。

このような状況を避けるために、糖質の摂取量を1日130g程度に設定し、ゆっくりとダイエットを行う方法がお勧めです。糖質制限ダイエットは急激に体重が落ちるダイエット法として有名ですが、1日の糖質摂取量を130gに設定している場合は急激なダイエット効果を見ることはないかもしれません。しかし確実に体重は落ちていきますので、焦らずに続けるべきです。

糖質制限ダイエットのメリット

さて、ここからが本題です。多くの人がダイエットに失敗する主な原因は、空腹に耐えられないというものです。正直なところ、ダイエット効果をいち早くもたらすのは絶食です。何も食べなければ体は体内に存在するもので活動するためのエネルギーを作り出します。そのため体内にある脂肪や筋肉が分解され、身体が細くなるのです。

しかしこのようなダイエット法は健康に害を及ぼします。また空腹に耐えられずにすぐにギブアップしてしまうという人が大勢いるのも事実です。では糖質制限ダイエットの場合はどうでしょうか?

このダイエット法は糖質の摂取量を減らすことに重きを置いたものです。そのためこの点に注意していれば食べる量を減らす必要はないのです。つまり空腹を感じることなく身体を細くできるという、素晴らしいダイエット法なのです。ではこの糖質制限ダイエットをどのように行うべきなのか、この点について見ていきましょう。

目安は炭水化物の摂取量

糖質と聞くとすぐに甘いものを思い浮かべる人は少なくないはずです。しかし糖質を含むのは甘いものだけではありません。たとえば炭水化物は消化分解されると糖質に変化します。そのためごはん、パン、パスタ、そしてうどんなどの摂取量にも注意するべきです。一般的にはごはん一善(150g)には55gの糖質が含まれているとされています。そのため朝、昼、晩の3度の食事でごはんを一善ずつ食べるなら1日に165gの糖質を摂取することとなり、糖質制限中の130gという数値をオーバーしてしまいます。そのため主食であるごはんの量には十分注意することが必要です。

また1日に130g以下の糖質を摂取するように計画していれば、甘いものを食べることも可能です。もちろんこのような場合は主食の量をさらに減らす必要があります。このように何を食べるかをしっかりと考慮し、綿密な計画を立てることが糖質制限ダイエットの秘訣です。

糖質制限ダイエットを効率よく行うために

糖質制限ダイエットを効率よく行うためにできることがあります。まず、食事の際は食物繊維を多く含む野菜を最初に食べることです。先にも述べたように、糖質を脂肪に変換するインシュリンは糖質が血液内に一気に取り込まれたときに分泌されます。そのため糖質がゆっくりと分解され、ゆっくりと血液に入り込めばインシュリンは分泌されません。

実のところ食物繊維には糖質の吸収を緩やかにする働きがあります。そのため食事の際はまず野菜を食べ、その後ごはんや他のおかずを食べるようにすることで糖質制限ダイエットを効果的に行うことができます。

度をわきまえるべき

このダイエット法は食べる量を減らすことなく行えることから、多くの人にメリットをもたらします。しかし冒頭でも述べたように、糖質の過剰摂取の他にも食べ過ぎによるオーバーカロリーが肥満をもたらすことがあります。それで糖質の摂取量をセーブしていれば大丈夫と思い込むのではなく、必要以上にものを食べることがないように気を付けなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です