紅茶の道具の種類と特徴について

紅茶の道具の種類と特徴について

★紅茶の道具の種類について

ティータイムを演出してくれるさまざまな紅茶の道具として種類が多くあります。

紅茶を楽しむ時に基本的な道具と選び方、使い方を理解しておく必要があります。

紅茶用の茶器や道具には、実用的なものから美術品として見て楽しめるものまで数多くあるので楽しみながら選ぶことが良いです。

★ティーパックでの紅茶の道具

ティーパックの紅茶を楽しむ場合に必要な道具として、ティーカップ、ソーサー、砂時計が必要になります。

やかんでお湯を沸騰させて、ティーカップに熱湯を注いで温め、一旦捨てます。

新たに熱湯をティーカップに注いで、ティーバッグをカップの淵から滑らせるように入れると良いです。

ソーサーでカップにフタをして約1分間蒸らし、ソーサーを外してティーバッグをカップの中で軽く2回ほどふり、静かに取り出します。

ポイントとしては、熱湯を注ぐ前にティーパックを入れてしまうと空気が入って浮かび上がり、味や香りが出にくくなるので熱湯を注いでからティーパックを入れるようにすると良いです。

★茶葉での紅茶の入れ方と道具について

茶葉の紅茶を入れる場合に必要な道具としては、ティーポットやティーカップ、ティーメジャー、砂時計、ティーストレーナーやティーコージーが挙げられます。

沸騰したての熱湯をティーポットとティーカップに注いで温めます。ティーポットの湯は捨て、ティーカップの湯は注ぐ直前まで入れておきます。

ティーポットに人数分の茶葉を入れて、コンロから離してすぐの熱湯を注ぎ、茶葉をジャンピングさせます。

ティーポットにフタをして、ティーコージーを被せて冷めにくくして、蒸らします。

温めておいたティーカップのお湯を捨て、ティーストレーナーを通してティーカップに紅茶を注ぎます。

★紅茶の道具であるティーカップとソーサーについて

ティーカップは、味や香りや紅茶の色を楽しむために、口が広く、浅めに作られている特徴があります。

ストレートティーの場合は、カップの内側が白いものがベストでありますが、内側に絵や模様が描かれているカップも華やかと言えます。内側に模様が描かれているカップはミルクティーに最適と言えます。

コーヒーと兼用できるカップは大きめで紅茶がたっぷり入れられるので、モーニングティー用にぴったりです。

ティーパックを使う場合は、お茶を冷まさないためのフタが付いたカップが便利です。

★紅茶の道具の一つのティーポット

ティーポットは、デザインはもちろん、形や材質にも気をつけて選ぶとよいです。形は、熱湯を注いだときに茶葉がジャンピングしやすい丸形のものがおすすめで、多くの種類のものが市販されています。

材質は保湿性の良い陶磁器や保湿性には欠けますが中の様子が見えるガラス器がおすすめです。

好みに応じて選択すると良いです。

ティーポットを選ぶ上でのチェックポイントとしては、ふたに空気穴があり、注ぐときにポットを傾けてもふたが落ちないようにストッパーが付いているものが使用感が高いです。

注ぎ口は液だれしない形が良く、陶磁器の場合には、内側まで釉薬がかけられているものがオススメです。

実際に持ち手は指がすっぽり入ってしっかり握れるものを選ぶ必要があります。

★紅茶の道具であるティーストレーナー

あまり馴染みがない道具とも言えますが、ティーポットから紅茶をカップに注ぎ分ける時に、葉がカップに入るのを防ぐために使用するティーストレーナーです。

茶をこす部分が細かい網状のものが良く、ストレーナー受けが付いていると見た目も良いです。

ティーストレーナーは、さまざまな形のものがあるので、楽しみながら自分の好みのものを選ぶと良いです。

本格的に紅茶の道具を揃えたいと考えている場合にはオススメです。

★紅茶の道具のティースプーンについて

紅茶に必ずと言って良いほどついてくるティースプーンは、砂糖やミルクを溶かすためだけでなく、茶葉の分量を量るティーメジャーとしても使用します。

基本的に1杯3gが一人分ですが、スプーンのサイズが統一されていないので、ティーメジャーとして使うときは決めたスプーンを使うようにして適量を見つけます。

凝ったデザインのものが多いので、カップと合わせたり、ティーパーティーごとに替えるのも素敵です。

ティースプーン一つで紅茶の印象が大きく変える事が出来ます。

★紅茶の道具の一つである砂時計

美味しい紅茶を入れる際、蒸らし時間は重要な要素です。

大きなサイズの茶葉は3分、細かいサイズの葉だと2分半から3分が目安になります。

時間の計測に使っていただきたいのが砂時計です。

本格的な紅茶を演出したい時にオススメで、キッチンタイマーなどでも代用できますが、ティータイムの雰囲気を醸し出す良い小道具になるのでおすすめです。

★紅茶の道具のまとめ

紅茶を楽しむ時に道具は多くの種類があり、マイナーなものまでそれぞれあります。

砂時計など演出をプラスしたい場合にオススメの道具などもありますが、自分の好みで道具を揃えてみると良いです。

⬇⬇⬇紅茶オススメ第1位!フランスの創業150年高級ブランド!⬇⬇⬇
⬇⬇⬇第2位!サントリー、女性の美のためのハーブティ⬇⬇⬇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする