ニキビを早く治すには洗顔が大事

ニキビを早く治すには洗顔が大事

⬇⬇⬇乾燥肌製品第1位!モンドセレクション金賞!今なら全額返金保証!⬇⬇⬇

ニキビができると恥ずかしい、人に見られたくない、憂うつ、こんな気持ちになりませんか。何度も同じところにニキビができたり、生理前にニキビができたり、ニキビの悩みを抱えている方は少なくありません。

でも、どうしてニキビができてしまうのでしょうか。また、どのように予防・改善をしたらいいのでしょうか。

ニキビができる原因

ニキビができるのは毛穴がつまるからです。毛穴つまりの原因には、過剰な皮脂分泌、肌の乾燥、ターンオーバーの乱れなどがあります。

脂性肌はニキビができやすいイメージがありませんか。過剰に皮脂が分泌されると毛穴から排泄しきれず、毛穴内部に皮脂がたまってニキビができてしまうのです。思春期には成長ホルモンの影響で皮脂分泌量が増えて、皮脂が毛穴につまることでニキビができやすくなります。

乾燥肌はニキビができにくいイメージがありますが、肌が乾燥をしてもニキビができます。

乾燥肌は天然のバリアである皮脂膜が少なくなっています。皮脂膜が少ないと肌内部の水分はどんどんと蒸発をして、肌が乾燥してしまうのです。

水分が不足した肌は角質層が肥厚をします。古く固い角質がたまることで毛穴が細くなり、細くなった毛穴はわずかな皮脂分泌でもつまります。このように乾燥肌でもニキビができるのです。

肌は一定の周期で生まれ変わりを繰り返しています。これを肌のターンオーバーと言います。20代ころは約28日で肌が生まれ変わるのですが、加齢に伴いターンオーバーが遅くなるようになります。乾燥、偏ったバランスの食事、睡眠不足なども、ターンオーバーが遅くなる原因です。ターンオーバーが遅いと古い角質がたまり、毛穴がふさがれてつまりやすくなり、ニキビができやすい状態になります。

洗顔方法の見直し

肌を清潔に保ち、毛穴がつまらないようにすることが、ニキビの予防や改善につながります。しかし、過剰に洗顔をしてはいけません。

肌の水分保持力は、細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂が担っていますが、洗顔をすると肌の汚れだけでなく、これらの潤い成分も一緒に流れてしまいます。通常、24時間程度で肌に存在する潤い成分や肌を守る皮膚常在菌が回復するのですが、1日に何度も洗顔料を使って洗っていると、回復をする前に流されてしまいます。

そして乾燥が進行することに。肌が乾燥をすれば毛穴がつまりやすくなります。

思春期のニキビの場合は、朝と夜の2回洗顔料を使って洗いますが、乾燥が原因の大人ニキビの場合は、朝はぬるま湯や水だけで洗い、洗顔料を使うのは夜だけにします。

洗い方も見直してみましょう。

洗顔をする前には手を石けんで洗います。手には汚れが付着していてその手で顔を触るのは気持ちがよいものではないし、汚れ縦で肌を触るとそれが肌の刺激になります。また、手を洗っておくことで洗顔料の泡立ちがよくなります。

洗顔料はよく泡立てましょう。泡立てネットを使用すると、ふんわりとした泡をたっぷりと作りやすいです。卵1個分くらい、手のひらにこんもりと乗るくらいの量の泡を作ってください。

最初に洗うのは皮脂分泌が多いTゾーンです。小鼻の周りは指の腹を使って丁寧に洗ってください。

目元や口元など乾燥しやすい部位は泡をのせる程度にします。長時間洗っていると洗顔料の界面活性剤の影響で肌に存在する潤い成分が流されてしまうからです。

洗う時の注意点はこすらないことです。

肌表面には角質層があり、外部刺激から守ったり肌内部の水分が蒸発することを防いでくれるバリア機能の役割をしています。角質層はわずか0.02mmと非常に薄いです。強い力でゴシゴシと洗えば角質層が傷ついて、肌のバリア機能が低下をします。その結果、肌内部の水分が逃げて肌が乾燥をします。

洗顔をするときには、泡を転がすようにして、強い力を加えないように洗いましょう。

すすぎの際にもこすらないように気をつけてください。手のひらに水をためて、その中に顔を浸すようにすすぎます。洗面器に顔を浸すイメージです。

すすぎ残しがないように丁寧に洗い流してください。あごや髪の生え際はすすぎ残しをしやすく、きちんとすすがないことでニキビができやすい部位です。

すすぎが終わったら、清潔なタオルで優しく水気を拭き取ります。このときにも、肌をこすらないようにしてください。

化粧品でケア

洗顔後には基礎化粧品でケアをします。

ニキビができている方はさっぱりした化粧品を好むようですが、ニキビの予防・改善のためには保湿ケアをしましょう。なぜなら、肌が乾燥することで古い角質がたまって、毛穴がつまってニキビができてしまうからです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、NMFなどさまざまな保湿成分がありますが、おすすめはセラミドです。

セラミドは肌にもともと存在している潤いを保持する成分ですが、加齢に伴い減少をします。洗顔絵も失われます。セラミドは肌のバリア機能にもかかわっているのですが、乾燥肌の方はセラミドが不足をしていて、バリア機能が乱れています。

疑似セラミド、動物セラミド、植物セラミド、ヒト型セラミドなどがありますが、ヒト型セラミドがおすすめの成分です。人の肌に存在しているセラミドと構造が似ていて、高い浸透力があり低刺激な特徴をしています。化粧品にはセラミド1、セラミド2など、セラミドの後に数字が記載されています。

スキンケアの順番ですが、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番で使用をします。美容液は使用してもしなくても構いません。乳液とクリームの両方を使用すると重たいので、どちらか一方でもよいでしょう。

肌が乾燥している方は油分が多いこってりした化粧品を好む傾向がありますが、ニキビの予防や改善のためには、油分が多い化粧品の使用は控えることが望ましいです。

ニキビを悪化させるアクネ菌は皮脂が好物です。油分が大量に配合された化粧品でアクネ菌が増えてしまい、ニキビが悪化をすることがあります。保湿化粧品には、オレイン酸などアクネ菌が好物のオイルが配合されていることがあるので、成分表を確認してください。

洗顔をするときに肌をこすらないことが大切だったように、化粧品をつけるときもはだをこすらないようにします。

化粧水ならコットンよりも手でつけることがおすすめです。コットンは毛羽だちや叩くときに刺激になります。一方、手でつける場合はこのような刺激がありません。

手のひらに適量の化粧水を取り両手に広げて、手を顔に押し当てます。手の位置を少しずつ変えて、顔全体に化粧水をなじませてください。

美容液や乳液などは、肌の上にてを滑らせるようにして、力を加えずにつけます。美容成分を浸透させようとゴシゴシこすったりすり込むことはやめてください。

ニキビによい食事

毎日の食事は健康を支えるもので、健康な肌を作るためにも毎日の食事の内容が大切です。栄養バランスが偏った食事はニキビの原因になるので、食事内容を見直してみましょう。

肌細胞の原料になるものがタンパク質です。ダイエット中の方はカロリーを気にして、タンパク質が多い肉や魚を控えることが珍しくありません。しかし、タンパク質が不足をすればターンオーバーが乱れてしまいます。

人間には体内で合成できない9種類の必須アミノ酸があり、毎日食事から摂取しなければなりません。アミノ酸をバランスよく含む良質なタンパク質が多い食品は、肉、魚、卵、乳製品、大豆などです。消化のしやすさが食品によって違い、またビタミンやミネラルも食品によって含まれるものが違うので、いろいろな食品からタンパク質を摂取してください。

ビタミンAには肌の代謝を整える働きがあります。健康な粘膜を作るためにも必要なので、乾燥肌におすすめです。

ビタミンAが多い食品は、レバー、うなぎ、卵黄などです。プロビタミンAと呼ばれるカロテンから体内で作ることもできます。カロテンが多い食品は、人参、かぼちゃ、モロヘイヤ、ほうれん草などです。

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので油と一緒に摂取をすると吸収されやすくなります。

細胞は細胞膜という膜で包まれています。細胞膜を作るために必要なものがオメガ3系脂肪酸です。

オメガ3系脂肪酸は体内で作りだすことができない必須脂肪酸で、食事から摂取する必要があります。多く含まれる食品は、魚、クルミ、チアシード、亜麻仁油、しそ油などです。

オメガ3系脂肪酸は酸化されやすい性質があるので、亜麻仁油はしそ油は熱を加えずに摂取してください。サラダや納豆などにかけるとよいでしょう。保管は冷蔵庫で行い、開封後はできるだけ早く使い切ります。

ビタミンB2とビタミンB6には皮脂分泌をコントロールする働きがあります。

ビタミンB2が多い食品は、レバー、うなぎ、納豆、卵黄など、ビタミンB6が多い食品は、マグロ、カツオ、牛レバーなどです。水溶性ビタミンで水に溶けやすいので、汁ごと摂れるスープにすることがおすすめです。

ビタミンCには、皮脂分泌を抑える、コラーゲンの生成を促す、メラニンの生成を抑制するなどの働きがあります。皮脂分泌を抑制することでニキビの予防に、コラーゲンの生成を促したりメラニンの生成を抑制することで、ニキビ跡の予防に役立ちます。

ビタミンCが多い食品は、レモン、イチゴ、キウイ、パセリ、赤ピーマン、芽キャベツなどです。レモンはビタミンCが多いイメージがありますが、酸っぱくてたくさん食べることはできません。100gあたりのビタミンC含有量は赤ピーマンの方が多く、食べやすい食品から摂取するとよいでしょう。

ビタミンCは水溶性ビタミンで、水に溶けやすく一度に大量に摂っても体内のため込むことができないので尿と一緒に排泄されます。

上手に摂取するコツはこまめに食べることです。朝にフルーツサラダ、お昼に生野菜、おやつに生果物といったようにこまめに食べるとよいでしょう。

栄養素を摂っていても肌に届けなければターンオーバーを整えるなどの働きは期待できません。栄養素は血液によって運ばれています。血流をよくする栄養素がビタミンEです。

ビタミンEが多い食品は、かぼちゃ、オリーブオイル、ナッツ、うなぎなどです。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂取をすると吸収されやすくなります。

ニキビに悪い食事

これを食べるとニキビができるという食品はありませんが、過剰に摂取をするとニキビができやすい状態になる食品はあります。それが糖質や脂質が多い食品です。

糖質や脂質を摂りすぎると皮脂分泌が促進します。糖質も脂質も体に必要な栄養素ですが、そればかりを摂取せずバランスを考えましょう。揚げ物、お菓子、ラーメン、ファストフードなどは控えたい食品です。

また、チョコレートやケーキなど甘いお菓子は糖質が多いことで皮脂分泌を促すだけでなく、GI値が高いことや体内の栄養素を消費してしまうこともニキビができやすい理由です。

GI値とは血糖値の上がりやすさを示した値のことです。ブドウ糖を100として数値が高いほど血糖値が上がりやすいことを示しています。

精製した食品はGI値が高い傾向があり、白米、食パン、ドーナッツなどはGI値が高い食品です。白米よりも玄米、白い食パンよりもライ麦パンや全粒粉のパンの方がGI値が低いです。

砂糖はGI値が高い食品で血糖値を急激に上昇させます。血糖値が高くなるとそれを下げるホルモンのインスリンが分泌されますが、インスリンには男性ホルモンを刺激する働きがあり、男性ホルモンの分泌量が増えることで皮脂分泌が増えます。

お菓子は体が必要とするビタミンやミネラルをほとんど含まない食品です。糖質や脂質の代謝のために、皮脂分泌を抑えたりターンオーバーに欠かせない体内の栄養素を消費してしまいます。

睡眠時間を確保

肌細胞を作ったり修復をするのは寝ている間に行われます。睡眠不足が続くと肌荒れを起こした経験を持つ方もいると思いますが、ニキビを予防・改善するためにも睡眠時間をしっかり確保することは大切です。

必要な睡眠時間は人それぞれですが、夜の12時までには布団に入って眠るようにしましょう。

就寝前にはスマホやパソコンをしたりテレビを見ないように。ブルーライトが出ていて、睡眠の質を低下させます。照明を暗めにしてリラックスできることをすると、寝つきがよくなります。好きなアロマを焚くのもよいでしょう。

⬇⬇⬇乾燥肌製品第1位!モンドセレクション金賞!今なら全額返金保証!⬇⬇⬇
⬇⬇⬇第2位!キューピーだから安心!an・an、como、GLOW掲載!⬇⬇⬇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする