人付き合いが苦手な人、解決方法は?

人間関係が苦手な人へ

「自分は人付き合いが苦手でいつも悩んでいる…」

このような人は非常に多いのではないでしょうか?

人付き合いが苦手といっても様々なタイプがあると思います。

そこで、ここでは「人付き合いが長続きしない人」のために、私自身の経験談もふまえて良い解決方法を紹介したいと思います♪

人間関係が苦手な人によくあるパターン

まずはじめに紹介したいのは、私自身もこのタイプである「なかなか人に溶け込めない」というものです。

これは、例えば職場でなかなかチームワークに馴染めなかったり、学校の休み時間も一人で過ごしているようなタイプの人です。

何を隠そう私ももろにこのタイプで、昔は散々人間関係で悩んだものでした。

しかし、ある程度の年齢(現在30代後半)になってからはこの問題では全く悩まなくなりました。

なぜなら?

それは、自分の「性質」というものをハッキリと把握してきたからです。

性質というのは、実は私は一人を自分で好んでいたということ。

つまり、自分から無意識のうちに仲間から外れていたということです。

自分の性質に気が付く前は、「なぜ人は私とは話してくれないのか?」や、「私は人に嫌われやすいのか?」などとよく考えては悩んでいましたよ。

しかし、30代になってすぐに私は結婚するわけでもないのに一人暮らしを始めました。

理由は、一人で色々なことをするのが好きですし、何事も自分のペースで進めたいと思うことが多かったからです。

実家で家族と暮らしていると、どうしても家族でありながら自分のペースで何もかもするというのは気が引けますよね?

ですから、スッキリしたくなって一人になりました。

そして、一人で暮らすようになってふと昔の人間関係のことを思い出したのです。

「あれ?私はもしかしたら昔からこのような性質なのかも」と。

人から外れていたのは自分からだった!

私は一人暮らしを始めるようになって、昔どこでも一人になりがちだったのは自分が自ら選んでやっていた行動だったということに気が付いたのです。

例えば、新しい職場に入社した時も挨拶した翌日から「お昼一緒にどう?」と言われても、「いいえ、私お弁当を持ってきていますから」と断っていた覚えがあります。

これは、勿論母がお弁当を用意してくれていたというのもありますが、翌日もやっぱり母にお弁当作りを断った覚えもなく…

また結局誘われても断る…

こんなことを繰り返していれば、誰だって誘う気はなくなりますよね?

ここで、もし自分も仲間に入って行きたいと思うのなら翌日からは一緒にランチをするじゃないですか?

それなのに、私は明日もお弁当をということばかり考えていた覚えがありますね。

つまり、私は人と一緒にランチするより一人でお弁当のほうが合っているわけですよ(笑)

今一人になってばかりと悩んでいる貴方!

私は、一人で暮らすようになって自分がどんな性質なのかがハッキリと分かり、今では職場もできるだけ人付き合いが無いような所を選んでいますし、自分の適性というのが凄く分かってきました。

おかげで、最近は全く人付き合いでは悩んでいませんよ。

現在、職場や学校などで一人になりがちで悩んでいる貴方!

悩む前に冷静になってそれは自らの行動ではないかと考えてみてください。

一人になりがちなのは周囲の人ではなく、自分自身の性質がそうさせている可能性は非常に高いのです。

つまり、「今の職場は人間関係が良くないから辞めたい」とか、「学校には友達がいないから行きたくない」などの悩みは、もしかすると無意識に自分からその環境を好んでいる可能性があるということです。

そして、冷静になって自分の性質を知るとなぜか全く悩まなくなって、運が良ければ同じような境遇の友人ができる場合もあります。

これは私自身がそうでしたからね。

一人が好きならそれなりの楽しみ方がある!

もし自分が一人を好む性質だと分かったら、今後どうしたらいいのか…

このように悩んでしまう人もいるでしょう。

しかし、一人には一人なりの良さはたくさんあります!

例えば、一人で洋服を買いに行くのと友人と一緒に行くのでは、どちらがゆっくり選ぶことができますか?

当然、一人ですよね?

一緒に行った友人が飽きてしまって後ろで待っていたとしたら…

ゆっくり選んでいる余裕なんてないはずです。

このように、とにかく一人はマイペースでOKなのです!

全て自分のペースで決められるし、人に流されずに済むので「自分がある」状態になれるわけですよ。

ですから、今一人になることばかりで悩んでいる人がいたとしたら、それは良いほうに考えればいいことがいっぱい!

全ては考え方次第だと思います。

私は今後もおそらく一人だと思いますが、同じように一人をこよなく愛する友人がSNS中にはいたりしますよ(笑)

そして、同じような境遇を話し合ってお互いに勇気付けられているような感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。